korea

アメリカのユタ大学には、多くの外国人留学生が通っている。韓国人留学生も多く、さまざまな活動をしている。たとえば、韓国人留学生のグループが、校内新聞の『デイリーユタ クロニクル』に竹島(独島)に関する記事を掲載したのだ。

この新聞は小中学生が学級で作るような校内新聞ではなく、実際に新聞社が発行しているような本格的な新聞となっている。この『デイリーユタ クロニクル』には、日本政府による歴史歪曲問題や、竹島(独島)が昔の地図ではどのように描かれていたかなどが話題として掲載されている。このような広告は、いままで4回ほど掲載されてきたのだという。

この新聞のプロジェクトは、単に広告を載せるだけにとどまらない。全米の大学に竹島(独島)に関する広告の作成を呼びかけ、リレーのようにさまざまな大学の韓国人留学生に広告を作ってもらう計画なのだ。この広告は、5回、10回、100回と続いていくことになる。

自国の島だと自信を持って言うのはいいが、その自信の根拠をきちんと調べ、日本と韓国の中立的な立場で調査をし、広告にしてもらいたいものである(新聞の詳細写真)。

このニュースの元記事を読む

■関連記事