王者が多用した、前足膝上へのサイドキック。この攻撃で挑戦者の出足を止めたかどうかは不明だが、手詰まりとなったレイチを最後まで仕留めようとはしなかった

写真拡大 (全7枚)

4月18日(土・現地時間)カナダ・ケベック州モントリオールのベル・センターではUFC97『REDEMPTION』が開催された。

レデンプション=(約束の)履行というタイトルが付けられた今大会では、UFC世界ミドル級選手権試合アンデウソン・シウバ×ターレス・レイチのブラジリアン対決をメインイベントに、セミファイナルにはチャック・リデル×マウリシオ・ショーグンの一戦をラインナップ。ジョルジュ・サンピエールの名前がないカナダ大会をビッグネームの登用でカバーする格好となった。

だが、そんなメインイベントも、場内には“GSPコール”が鳴り響く。2R目こそアンデウソンからテイクダウンに成功したレイチも、その後は打撃を嫌がりテイクダウンも中途半端に。王者アンデウソンも仕留めに掛からないところから、試合は弛緩した空気となり、5Rを通じて面白味もないファイトに終始したアンデウソンが、大ブーイングとGSPコールの中で5度目の王座防衛、そしてUFC新記録となる9連勝を果たした。

また、セミファイナルでは、ショーグンが左フックでリデルからダウンを奪うと、追撃のパウンドを放って完勝した。試合後、彼の功績を最大限に称え、引退という言葉を引き出そうとするジョー・ローガンに対し、明言を避けたリデルではあったが、試合内容を見る限り、ダナ・ホワイトの引退勧告もあながち間違いとはいえない結果であった。

さらに、ライトヘビー級戦では、リデル×ショーグン意外にも元WEC王者組ブライアン・スタンとスティーブ・キャントウェルが出場。TUF8で注目を集めたクリジストフ・ソジンスキー、強豪ルイス・カーンとそれぞれ対戦したが揃って敗戦を喫し、昨今著しく厚みを増す同級の壁、その高さを感じさせた。

その他にも、日本から長南亮が出場を果たし、地元のMMAイベント・TKOで活躍したTJ・グラントと対戦したが、判定2-1で手痛い敗戦。スピリットながらもジャッジの一人は30-27を付ける首を傾げたくなるスコアでもあったが、これにより長南のUFC戦績は1勝3敗に。その一方で、デニス・カーンはDEEPに来日経験のあるプロフェッサーX=フォウパポッカムから判定勝ちを収めた。

■関連リンク
公開計量終了 長南、絶対に負けられない戦いへ
王者アンデウソンの不安要素は精神面?
メイン以上に注目!? ライトヘビー級4試合

<UFC97:REDEMPTION 試合結果>

第11試合UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R
[王者]
○アンデウソン・シウバ
(ブラジル)
5R終了
判定
詳細はコチラ
[挑戦者]
ターレス・レイチ×
(ブラジル)
スウィングバウト・ライト級/5分3R
○サム・スタウト
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マット・ワイマン×
(米国)
第10試合ライトヘビー級/5分3R
×チャック・リデル
(米国)
1R4分28秒
TKO
詳細はコチラ
マウリシオ・ショーグン○
(ブラジル)
第9試合ライトヘビー級/5分3R
×ブライアン・スタン
(米国)
1R3分53秒
キムラアームロック
詳細はコチラ
クリジストフ・ソジンスキー○
(カナダ)
第8試合ヘビー級/5分3R
○チーク・カンゴ
(フランス)
2R2分29秒
TKO
詳細はコチラ
アントーニ・ハードンク×
(オランダ)
第7試合ライトヘビー級/5分3R
×スティーブ・キャントウェル
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ルイス・カーン○
(ブラジル)
第6試合ミドル級/5分3R
○デニス・カーン
(カナダ)
3R終了
判定
ザビエルル・フォウパポッカム×
(フランス)
第5試合ミドル級/5分3R
○ネイト・クォーリー
(米国)
1R2分27秒
TKO
ジェイソン・マクドナルド×
(カナダ)
第4試合ミドル級/5分3R
○エド・ハーマン
(米国)
3R終了
判定
デビッド・ロワゾー×
(カナダ)
第3試合ライト級/5分3R
×デビッド・ビエルクヘイデン
(スウェーデン)
1R4分57秒
リアネイキドチョーク
マーク・ボセック○
(カナダ)
第2試合ウェルター級/5分3R
×長南亮
(日本)
3R終了
判定
TJ・グラント○
(カナダ)
第1試合ライトヘビー級/5分3R
×ヴィニシウス・マガリャエス
(ブラジル)
3R終了
判定
エリオット・マーシャル○
(米国)