肌の張り、つやもいい長南。UFC二勝目へ期待がつのる

写真拡大

いよいよ明日18日(土・現地時間)に開催を控えたUFC97『REDEMPTION』。17日(金・同)、大会会場となるモントリオールのベルセンターで公開計量が行われた。

ストライクフォースのクリス・サイボーグの計量オーバーが大きな問題となっているが、この日はダービッド・ビエルクヘイデン以外、出場選手は問題なく計量をパスをしている。

日本から同大会に参加する長南亮も規定の1ポンドオーバーでまとめ、TJ・グラント戦に挑むことができる。ここまでUFC戦績1勝2敗の長南――、同じ日本から同級に出場していた郷野聡寛が1勝2敗の戦績で契約を打ち切られたこともあり、絶対に負けられない試合となる。

対戦相手のTJ・グラントだが、これまでの戦績は13勝2敗ながら、これといった強豪との対戦もなく、かつてUFCウェルター級に出場していたフォレスト・ペッツを破っているのが目立つ程度の戦績だ。これがUFC初出場で、モントリオールを本拠地としたTKOで活躍していた地元の利はあるものの、期待を込めて長南有利としたいところだ。

そういう意味では、3年ぶりの出場となるデビッド・ロワゾー、2勝4敗のサム・スタウトとの対戦となるマット・ワイマン&エド・ハーマンも長南同様、生き残りを賭けた一戦となる。

また、これがUFC二戦目となり、前回のアラン・ベルチャー戦の敗北を一掃したいデニス・カーン、2勝2敗のマイク・ボセック、二人のカナダ人ファイターも今後のことを考えれば、インパクト大の勝利を収めたい。

■UFC97『REDEMPTION』計量結果は下記の通り

<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
アンデウソン・シウバ:182ポンド(82.5キロ)
ターレス・レイチ:185ポンド(83.9キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
チャック・リデル:206ポンド(93.3キロ)
マウリシオ・ショーグン:206ポンド(93.3キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ブライアン・スタン:206ポンド(93.3キロ)
クリジストフ・ソジンスキー:204ポンド(92.5キロ)

<ヘビー級/5分3R>
チーク・カンゴ:232ポンド(105.2キロ)
アントーニ・ハードンク:249ポンド(112.9キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
スティーブ・キャントウェル:205ポンド(92.9キロ)
ルイス・カーン:206ポンド(93.3キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
エリオット・マーシャル:205ポンド(92.9キロ)
ヴィニシウス・マガリャエス:204ポンド(92.5キロ)

<ミドル級/5分3R>
デニス・カーン:185ポンド(83.9キロ)
ザビエル・フォウパポッカム:185ポンド(83.9キロ)

<ミドル級/5分3R>
ネイト・クォーリー:186ポンド(84.3キロ)
ジェイソン・マクドナルド:186ポンド(84.3キロ)

<ミドル級/5分3R>
エド・ハーマン:186ポンド(84.3キロ)
デビッド・ロワゾー:185ポンド(83.9キロ)

<ライト級/5分3R>
ダービッド・ビエルクヘイデン:157ポンド(71.1キロ)
マーク・ボセック:154ポンド(69.9キロ)

<ウェルター級/5分3R>
長南亮:171ポンド(77.5キロ)
TJ・グラント:169ポンド(76.7キロ)

<ライト級/5分3R>
サム・スタウト:155ポンド(70.3キロ)
マット・ワイマン:155ポンド(70.3キロ)