老若男女問わず、読む者に夢を与えてくれる漫画雑誌といえば、やはり『週刊少年ジャンプ』だろう。『ジョジョの奇妙な冒険』や『ドラゴンボール』、『てんぎゃん』、『デスノート』など、数多くのヒットタイトルを生み出してきた。いまも『ワンピース』や『バクマン』が人気を博している。

そんな『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画『ぼっけさん』に関して、「もしかして連載終了か?」というウワサが流れている。その理由は、大規模インターネットショップサイト『Amazon.co.jp』で、『ぼっけさん 上』というタイトルの単行本の予約販売が開始されたからだ。

通常、連載が長期にわたる作品は1巻や2巻という流れで発売されていくのだが、連載が10〜20話程度で終了してしまった漫画は上巻や下巻として発売されることが多い。今回は、『週刊少年ジャンプ』で連載終了の告知がまだ出ていない状態で『ぼっけさん 上』というタイトルの単行本が『Amazon.co.jp』に掲載されてしまっているため、「もしかして連載終了か?」というウワサが広まっているのである。このことについて、『週刊少年ジャンプ』に取材をしてお話をうかがった。『ぼっけさん』は連載を終了してしまうの?

その質問に対して『週刊少年ジャンプ』は「申し訳ありません。今の時点で編集部としてコメントできかねます」とコメント。『ぼっけさん 上』の発売が決定した時点で事実上の連載終了という予想をしていたのだが、これはしもかしたら連載が続く可能性もあるのでは? インターネットではそこそこ良い評価をするコメントがあるだけに、ファンのためにも続けてほしいものだ(このニュースの元記事はこちら)。
 
 

■ほかにも漫画に関するニュースがあります
『マキバオー』つの丸先生が編集者に激怒! 「こんなウソつくくらいなら休みくれよ」
あのキャラクターが “出張” してくれる 『まぜ生インターンシップ』開始
『新ブラックジャックによろしく』継続の危機!? 取材に対し小学館「まだまだ続きます」
『週刊:手塚治虫マガジン』がiPhone/iPod touchで6ヶ月間無料公開
経費が1800万円!? 人気漫画家が原稿料と印税を暴露!