削除されるかもしれない覚悟で過激に書いてます。

「自分で考える社員のつくり方」
山田日登志

という本を空港で見つけた。
山田日登志さんといえば
トヨタ生産方式で製造業の改善に取り組んでいる
カリスマコンサルタント。
何冊か本も読んだことがある。
どちらかというと、尊敬する対象だ。
新書サイズであることもあり手に取り
目次を見ると

「ISOは不要だ」  186ページ

とあるのを発見。


さあどんな書き口だろうと早速目を通す。

以下一部引用--------------------------------------------
・ 先日、久しぶりにある工場に行くと、机の数がずいぶん増
 えていました。「なぜこんなに机が並んでいるのか」と尋ね
 ると、その机でISO取得に必要な書類を作成しているという。
  しかしISO取得のために書類をいくら書いたところで、品質
 が改善するわけではありません。ISOを取らなくても、不良品
 がゼロなら問題ないわけです。

・トヨタ自動車がISO9000をとらないのと同じです。

・ISOの指標やマニュアルに縛られていると、人間がだめになります。
引用終了--------------------------------------------------

ここであえて言わせてもらってよいですか?

ばっきゃろー

よく何も知らずにこんなことを言っているもんだ。
私の文章に品位がない。
はい、ないです。
業界を馬鹿にされたら品位もなくなります。
業界関係者がこれを黙ってみてたらだめでしょう。
認定機関さん、審査機関さん、コンサルさんこのまま
で良いんでしょうか?
ISOを知らない人はこれが真実だと思ってしまいます。

一つずつ売られたけんかを買っていきます。

引用-----------------------------------------------------
・ 先日、久しぶりにある工場に行くと、机の数がずいぶん増
 えていました。「なぜこんなに机が並んでいるのか」と尋ね
 ると、その机でISO取得に必要な書類を作成しているという。
  しかしISO取得のために書類をいくら書いたところで、品質

続きはこちら