オンラインゲームに参加するプレーヤーの目的は、ひとつのストーリーを完遂する、強いモンスターを倒す、プレーヤー同士の交流を図るなど、様々である。現実世界から離れ、無限に広がり続ける匿名の仮想世界で、彼らが目指す“獲物”は多様化を続けている。

 しかし、少なくとも「プレーヤーの知らない間に金融犯罪に加担してしまうようなストーリー」は、存在しないはずである。

 ところが、“事実は小説より奇なり”とはよく言ったもの。実は近年、オンラインゲームでプレーヤーがアイテムを購入するために利用する電子マネーを利用した犯罪が、頻繁に起きているのだ。

 さらに、プレーヤーが組織化して、オンラインゲームが提供する世界でマネーローンダリング(マネロン)を行なう事件も起きている。

 そこで今回は、オンラインゲームで横行する犯罪事例からマネロンの手口についての共通項を見つけ出し、仮想世界におけるビジネスリスクと対策法を探って行く。

 オンラインゲームとは、PCをはじめとする携帯型を含む家庭用ゲーム機や携帯電話などを利用し、インターネットを介して行なうゲームサービスである。オンラインゲームでは、国籍を問わず多数の人間が同じ場所に集まり、ゲームプロバイダーが提供する様々なゲームを楽しむことができる。

 オンラインゲームは、チェスやポーカーといったテーブルゲームだけではない。とりわけプレーヤー自身がそのゲームの主人公となってストーリーを進めるRPG(Role-Playing Game)は、絶大な人気がある。

 特に仮想世界にあるRPGは、多くのプレーヤーが集まり、様々なストーリーが展開されることからMMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)と呼ばれ、“多人数同時参加型オンラインRPG”とも訳される。

 インターネットやIT技術の発展に伴い、このMMORPGの拡大がオンラインゲームビジネスの発展を加速したとも言われ、その市場規模は2006年に1000億円を突破し、会員数も4000万人を超えた。(注1)

続きはこちら

■関連記事
・電子マネーもマネロンの標的に!仮想世界で急増する詐欺の現状
・会社でのインターネット利用に潜む危険
・個人間のおカネ貸し借りサイト「マネオ」は成功するのか?
・代引き規制に「反対」の大合唱 金融庁が犯した“3つのミス”
・これならゲリラ豪雨も回避!ネット利用の気象予報サービスが続々登場
・金融庁も厚労省も腕まくり ネット通販に規制強化の大波