韓国で二番目に規模が大きいテレビ局の文化放送(以下、MBC)。マジメな報道番組が多数放送されており、日本のフジテレビと業務提携していることでも知られている。そんなMBCでちょっとした放送事故が発生し、『Yahoo! Korea』や他のブログサイトで大きな話題となっている。

その放送事故は報道ニュース番組の生放送中に発生した。ニュースに関連するVTRが流れているとき、放送局側でミスがあったため画像がカラーバーになってしまい、映像が突然スタジオに切り替わったのだ。VTRにミスがあったとは知らず、女性キャスターはまだVTRが流れていると思っており、自分の表情がちゃんと整っているかどうか手鏡でチェック! そんな姿が、韓国全土に放送されてしまったのだ。

このことについて女子アナウンサーは「自分の容姿をチェックするのは極めて常識的なことだと考える」、「スタッフとのサインが合わなくて、放送の裏側まで見せてしまった」と語っている。

このことについて韓国人たちは「MBC 放送局のアナウンサーは高飛車でわがままだ」、「視聴者たちに見せてはいけない姿を見せたのになぜMBCは謝らない?」、「ひとこと謝れば笑って済むものを、どうして言い訳する!」と語っている。どうやら、ひとことも謝らず言い訳がましいことを言ったのが視聴者の怒りを買ったようだ。

時間にしてたった2秒ほどの出来事が、これほどまでに大きな問題になるとは女子アナウンサーは予想しなかっただろう(この放送の動画は『YouTube』にも掲載されている)。