ノア 三沢教授“デビュー戦”完敗

写真拡大

 大学生の前で熱弁を振るうのは、プロレスリング・ノアの三沢光晴=写真=だ。9日、都内の帝京平成大学池袋キャンパスで教授デビューを果たした。

 ノア全面協力の下、選手やトレーナー、フロント陣が「スポーツ文化論」のカリュキュラムの中で、それぞれのテーマで熱弁をふるう。
 客員教授として、第1回目を任された三沢は、社長兼選手の立場から「オーナーの立場と選手両立のためのコンディショニング」を担当した。「何事も基本が大事」「好きにならないと物事はうまくならない」などと自身の経験を踏まえた講義を行い、「人生に『たら』『れば』は絶対にない。やろうと思ったことはその時に、やらなきゃいけない」という言葉で締めくくった。

 90分一本勝負の“デビュー戦”を終えた三沢は、「グダグタだったね。場の空気が読めない。ある意味、(生徒との)タイトルマッチだったけど、かみ合わずに終わったかな」と苦笑い。
 次回は反省を踏まえ、映像などの秘密兵器を持ち込む予定だという。「雰囲気はわかったので、次はリラックスしていけると思う。試合と一緒で出たとこ勝負」とリベンジを誓った。

【他にはこんな記事も!!】
ボクシング 世界戦ピンチ!? 亀田興毅2階級制覇に新たな難題浮上
K-1MAX 長島☆自演乙☆コスプレ罰ゲーム要求
ハッスル 川田&志賀の全日本プロレスタッグ結成

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!