「東京」「新宿」「中野」「吉祥寺」「立川」という中央線の駅をそれぞれ美形男子に擬人化したプロジェクト「ミラクル☆トレイン」がアニメ化されることが明らかになりました。

「ミラクル☆トレイン」は現在WEBサイト「YOMBAN」上で連載されているコミック&ノベルで、5つの駅がそれぞれに特徴あるキャラクターになっています。また、他のメディアミックス展開も進められているそうです。

今回はこの5人のキャラクター画やキービジュアルをご紹介します。

詳細は以下から。
ミラクルトレイン-中央線へようこそ-
http://miracletrain.jp/


コレがキービジュアル。


登場するキャラクターは以下の五名。

◆東京零(とうきょうぜろ) CV:吉野裕行

身長:175cm、血液型:A型、1914年(大正3年)12月20日生まれ

中央線の起点なので「0キロポスト」を有することからゼロという名前がつけられており、中央線だけでみれば乗降者数は多くないが、発着する列車は3000本と日本一を誇る駅。時間調整の要であり、時間には神経質。唯一の大正生まれで、他の駅(キャラクター)より年下のためにいじられることも多い。ただし、リーダーなので中央線の駅に対しては全て呼び捨てにしている。幼少のころから徹底した西洋教育をされているため和の心に疎い。文系偏差値は高く、読書を愛する。JRで一番お金持ちの駅であり、お坊ちゃま体質。プライドが高いがちょっと間が抜けたところもある。東京の着ている制服が正装である。


◆新宿 慎太郎(しんじゅくしんたろう) CV.置鮎龍太郎

身長:178cm、血液型:A型、1885年(明治18年)3月1日生まれ

中央線の開業前からある最古参の駅で、東京以外からは「新宿さん」とさんづけで呼ばれている。ちゃらんぽらんでひょうひょうとした性格。日本一の乗降者数を誇る大人気駅だが駅舎は特に特徴付ける記念物もなく、特に本人も気にしていない。また人が増える度に適当に増設し、公家の持ち物だった場所も平気で潰して拡大するという度胸と強引さの持ち主。あまりの適当加減に、神経質な東京にいつも小言をいわれるがそれも気にしていない。歌舞伎町やゴールデン街という繁華街を有し、本人の見た目も派手。制服はほぼ着崩している。特有のけだるい雰囲気がある。女の子を口説くのは趣味というより生活の一部。


◆中野陸(なかのりく) CV.神谷浩史

身長:176cm、血液型:0型、1889年(明治22年)4月11日生まれ

非常に明るいオタクで竹を割ったような性格をしている。喜怒哀楽が分かりやすく、年下には慕われる兄ちゃん的存在。好物はラーメン。生まれは中央線の開業時である明治22年4月11日。生類憐れみの令で「お犬囲い」が出来て以来の動物好きで、現在も「ポチ」という犬を飼っている。一度はおしゃれ道を目指すも、お犬囲いからおタク囲いへのブロードウェイができてからはオタク道まっしぐら。スパイ養成学校「陸軍中野学校」が駅前にあったことからスパイを含めた軍の情報にも精通。体育会系だが意外と文化にも精通しており、自分が中央線カルチャーの要であることも自認している。制服をミリタリールックに改造している。


◆吉祥寺拓人(きちじょうじたくと) CV.入野自由

身長:170cm、血液型B型、1899年(明治32年)12月30日生まれ

実は結構年上だが、他の駅に対しては基本的にさん付けで呼んでいる。「自分が住みたい町ランク」で必ず上位に来るアイドル駅であることを自認している。住宅地が増えたため駅は早くにできたが歴史的背景は薄く、なんとなくお洒落、なんとなく新人類という、あまり深くものを考えないタイプ。オシャレに関してはちょっとナルというか、自分で服を作ってしまうぐらいのオタク部分が見え隠れしているが、中央線一のオシャレである事はたしか。井の頭公園を有し自然も愛する。性格はいわゆる「新人類」であり、可愛い顔をしてかなりの毒舌を吐く。特にオタクな中野に対しては辛らつである。自分が吉祥寺であるのに自分の所に「吉祥寺」がないということがトラウマ。特技はハーモニカ。


◆立川ルネ(たちかわるね) CV.宮田幸季

身長:180cm、血液型:AB型、生年月日:1889年(明治22年)4月11日生まれ

アメリカ軍の影響が大きくルックスは金髪碧眼、中野ほどではないがミリタリーが入っている。非常に大人であり温厚な性格だが、中央線一のギャンブラーであるという二面性を持っており、ギャンブルになると性格が変わる。中野とは同じ誕生日、また軍関連、ちょっと濃ゆい百貨店を有するなど共通点がありセットにされることが多い。ただし、基本は中立の立場。JRが「ステーションルネッサンス」を行った事からルネの名を持つ。JRがかなりの力をいれて改善改良に取り組んだため、身綺麗になった。子ども好きで、細かいところに気をつかうタチだが、若干天然ボケなところがある。小道具としてサーベルと乗馬鞭を持つ。


アニメはまだ放送時期は決まっておらず企画進行中となっていますがすでにキャスト、スタッフは決定済み。「マージナルプリンス〜月桂樹の王子達〜」「センチメンタルグラフィティ」でキャラクターデザインを担当した甲斐智久氏がキャラクター原案を担当し、「遙かなる時空の中で 〜八葉抄〜」「遙かなる時空の中で2 〜白き龍の神子〜」のつなきあき氏が監督を担当します。

それぞれの駅はただ擬人化されているだけではなく、駅周辺の歴史や情報が属性として付与されており、タウン情報や鉄道知識も紹介されるなど鉄道に詳しくなくても楽しめる内容となっています。現在はコミックとノベルが展開中で、その他にもメディアミックス展開が予定されているとのことです。

© Miracle Train Project

・関連記事
フィギュア「鉄道むすめ」が実写ドラマ化 - GIGAZINE

大正時代から刊行されている「JTB時刻表」、通巻999号達成で表紙が「銀河鉄道999」に - GIGAZINE

腐女子を応援するポータルサイト「fujyoshi.jp」オープン - GIGAZINE

自分の鉄道知識がどんなレベルかわかる「鉄道ゼミナール」の鉄道検定 - GIGAZINE

鉄道の駅の周辺施設や情報を閲覧できる「駅MAWARI」 - GIGAZINE

本物の鉄道車両を自分で運転できる観光名所が登場 - GIGAZINE


記事全文へ