フジテレビ系の人気アニメ『サザエさん』のオープニング映像が、2009年4月5日放映分から新潟県シリーズとなった。桜咲く高田公園や佐渡のトキの森など、新潟県内の代表的な観光地をサザエさんが旅するかたちで、4〜6月は春編、7〜9月は夏編が放映されるという。

放映初日の夜には、新潟を故郷とする人を中心に「見た」というコメントが早くもブログをにぎわせた。国民的アニメと呼ばれ、20%近い視聴率をキープしている番組だけに、視聴者の反応も大きいようだ。

約90秒間のこのオープニング、実は実質的な広告だという。新潟県の場合、県観光協会が協力費800万円を負担したと地元紙が報じた。放映時間帯や 視聴率から換算すると、広告費としてはかなり“お得”らしい。県民の税金が使われるわけだが、「無駄」とか「不要」といった声がほとんどなく、むしろ歓迎 や期待の声が多いのは、サザエさん一家の“人徳”ゆえであろうか。

ちなみに、新潟県の次に番組オープニングを彩るのは、2010年3月に茨城空港開港を控える茨城県。こちらは地元側からの熱心なラブコールが実ったものだという。果たしてサザエさんの誘客力やいかに。始まったばかりの新潟シリーズと合わせ、興味をそそられる。

記者:あさよる(from cocolognwes)

このニュースの元記事を読む

■関連記事