【K-1速報】ボンヤスキー至上三人目の連覇を達成!

写真拡大

アルゼ K-1 WORLD GP 2004、レミー・ボンヤスキーが至上三人目の連覇を達成した!
悲願の日本人初優勝を期待された武蔵だが、1R出会い頭のカウンター右ストレートにダウンを喫す。
あきらめない武蔵は2R終了間際にローキックを連打。ボンヤスキーを劣勢に追い込む。
武蔵に流れが変わったかと思われた矢先、3R勝負を懸けたボンヤスキーがフライングハイを狙うも空振り。なんとトップロープを超えてリング下に転落するアクシデント。一気に流れをつかみたい武蔵だが、試合再開後、起死回生を狙い攻めに転ずるボンヤスキーに対して明らかに逃げ回る武蔵。観客のフラストレーションが溜まる中、判定はドロー。勝負は延長戦へともつれこんだ。ボヤンスキーは延長でも果敢に攻め続け、完全に動きの止まった武蔵を追い詰める。
しかし、決定打を与えるまでには至らず、延長戦もドロー。再々延長戦に突入した。
再々延長戦では精神力に勝るボンヤスキーが最後の力を振り絞りラッシュをかけ武蔵を圧倒。3度目の判定の結果、レミー・ボンヤスキーが至上三人目の連覇を達成した。