渋谷淳の渾身のローブロー

写真拡大

 今回もまた、もがき続けるベテランボクサーの話をしよう。デビューから15年目、33歳になったライト級のサウスポー、長嶋建吾(エイティーン古河)である。

 3月29日、長嶋は約1年半ぶりにタイトルマッチのリングに上がった。東洋太平洋ライト級王座決定戦の相手はフィリピンの強打者ランディ・スイコ。この試合に見事勝利したベテランは、史上初めて日本と東洋太平洋の2階級制覇を成し遂げた。
 長嶋ならではのスピードとテクニックを駆使した完璧な勝利だったが、新チャンピオンに喜びの表情はなかった。「うれしいのはうれしいですけどね。これが目標ではありませんから」。そう、ボクサーの目標はいつだって世界なのである。
 国内中量級きってのサウスポーが、WBC世界スーパーフェザー級タイトルに挑戦したのはもう7年も前の話だ。父である清会長と二人三脚で世界を目指す親子鷹の挑戦に注目が集まったが、結果は2回KO負け。記者会見で浮かべたうつろな表情をいまでも鮮明に覚えている。

 以来、チャンスから遠ざかる長嶋は、決して腐ることなく、黙々と東京・後楽園ホールのリングに上がり続けた。もう1度世界の舞台に立ち、必ずや腰にベルトを巻きたい。ただその思いだけが、ベテランサウスポーの心を支えているのだ。
 そしてもう1つ、今回の試合に限っては、長嶋の心を強く揺さぶる出来事があった。法政大の後輩にあたるミニマム級の辻昌建(帝拳)が、3月21日の試合後に病院に搬送され、そのまま息を引き取ったのである。
 「言葉数は多いわけじゃないけど、僕なんかのことも慕ってくれて。本当にいいやつでした。今日は辻くんのためにも勝ちたかった。きっと会場のどこかで見てくれていたと思います」
 長嶋はこれからも戦い続ける。志半ばで急逝した後輩のためにも。

【他にはこんな記事も!!】
ノア 杉浦SM覚醒
ノア 秋山が高山にタッグ結成ラブコール
新日本プロレス 永田裕志がIWGPヘビー級選手権を解析

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!