Wii向け暴力ゲーム『MadWorld』:元カプコン開発者の新作(動画)

写真拡大

Chris Kohler

プラチナゲームズを率いるのは、三上真司と稲葉敦志、神谷英樹の3氏だ。2年ほど前、この3人は大阪のゲームソフトメーカー、カプコンのスターだった。同社の高い評価を受けたゲームのほとんどで、クレジットのトップには3人のいずれかが名を連ねていたのだ。しかし3人は、自身を有名にしてくれた同社を突然辞め、新たな契約を結んだ。相手はカプコンではなく、ライバルのセガだ。

プラチナゲームズは、これまでの常識に逆らうことで、日本のゲーム業界を復活させようとしている。同社の開発者たちは、企業の力に守られた状態から抜け出し、独立系という新たな自由を満喫している。そして、Wii向けの血みどろのゲームや、ニンテンドーDS向けの複雑なスペース・アドベンチャーなど、米国メーカーによる市場の支配を覆すような力強いゲームを開発している。


「『Wii』や『ニンテンドーDS』にはこれまで、筋金入りのゲーマーがやりたいと思うゲームがなかった」と稲葉氏は語る。しかし、Wiiコントローラーを使うことで暴力シーンにリアリズムが生まれるという

[3月中旬に欧米で発売された]『MADWORLD』[サイトアクセスには年齢認証が必要]は、過剰なまでの暴力と抽象的な映像を融合したアクションゲームだ。日本でこのようなゲームが作られるのは初めてではないが、白黒で作られるのは初めてだ。Wii向けのこのゲームは、例外を除いて何もかもがモノクロで表示される。その例外とは、大量の真っ赤な血と、時々登場する擬音だ。

「世界中の人を引き付けるようなゲームを作りたい」と、『MADWORLD』のディレクター西河繁範氏は説明した。同氏は、米国のゲームが好きなことを認めた上で、MADWORLDの見せ方はリアルというより「コミカル」だが、そのアクションや暴力は、日本国外のゲーマーを魅了するはずだと述べている。

コミカルかどうかはさておき、MADWORLDの過激な暴力は、ビデオゲームを審査する機関で眉をひそめられる可能性が高い。同じようなWii向けの血まみれのゲームである『ノーモア★ヒーローズ』は、日本での発売に先立って検閲された。それを考えると、MADWORLDが現時点で米国とヨーロッパのみで発売を予定しているのもうなずける。

[英国では『MADWORLD』の発売に反対するキャンペーンもあったが、BBFC(全英映像等級審査機構)「18」(18歳未満視聴非推奨)のレーティングで発売]


ボックスアート。画像は別の英文記事より

WIRED NEWS 原文(English)

  • ギネス「史上最高のゲーム」ランキング:10位中7つが日本製2009年2月27日
  • ゲーマーは「暴力」ではなく「挑戦」を求めている:調査報告2009年1月19日