「微妙な辛さがクセになる」と評判だ。団塊世代に贈る、シュールなコメディアニメがネット上で話題沸騰となっているが、ついに今月よりテレビで放送されることとなった。

株式会社インディソフトウェアが制作したフラッシュアニメーション「ダンカイカレー中辛」が、今月6日よりテレビ埼玉で放映されることが決まった。

「ダンカイカレー中辛」は株式会社インディソフトウェアが運営するサイト「アドゲー天国」用に制作され、人気を博したフラッシュアニメだ。主人公は団塊世代の男性二人。元市役所勤務の川重竹春と栗山智明が、シュールなやり取りを展開。カレー(加齢)臭ただようピリ辛なやり取りが、見る人をひきつける。

キャラクターのデザインを手がけるのは1976年生まれ、富山県在住のイラストレーター、大野直人氏だ。

今回、「ダンカイカレー中辛」のテレビ番組化にあたっては、プロのアニメ声優を起用した音声差替などを行って、新たなアニメ番組として放映されるという。

また、ショートストーリーの特性を活かして、テレビ放送だけでなく、テレビ埼玉の携帯有料サイトでの動画配信も予定されている。

「ダンカイカレー中辛」は独立UHF局・テレビ埼玉で今月6日より、毎週月曜日の20時55分から21時00分の5分間にわたって放送される。

(編集部 鈴木亮介)

【関連記事】
世界に一つだけ、わが子が主人公の絵本を… 命名の大切さがわかるサービス「Ustory」
ソニーデジタル、世界的なコンテンポラリーアートの祭典にギャラリー出展
平野綾、公式携帯サイト「綾魂モバイル」サービス開始。
あの懐かしい名作アニメ主題歌をオトナのサウンドで再び。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!

【参照】
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=37078