オンラインRPG 『アトランティカ』 GDC2009で超大型アップデート予定を公開!

写真拡大

オンラインゲーム配信事業を行うネクソンジャパンがサービスを提供 する、大作オンラインRPG『アトランティカ』の開発会社NDOORS Corporation(本社: ソウル市)の開発本部理事であるキム・タイゴン氏は、現地時間3月26日(木)、米国サンフランシスコで開催中のゲーム開発者カンファレンス「GDC2009」 にて、北米現地法人NDOORS Interactive主催の記者懇談会を通じて、『アトランティカ』の上半期超大型アップデート予定を明らかにした。

キム氏は、既存MMORPGで見られなかった新しい大規模戦争システムである「戦術戦闘システム(Tactical BattleSystem)」を公開。「戦術戦闘システム」では200人余りのユーザー達が最大8個の陣営に分けられ、4角形のマップ内でターン 制のPvPまたはPvE戦闘をくり広げることができる。特に各プレイヤーたちの主人公と傭兵たちがRTSのユニットのような概念で、指揮官の指揮によって移動、攻撃、資源採集、建物建設、落とし穴等を設置し、戦略的な拠点を攻撃したり、また拠点を守りながら戦闘をくり広げることができます。また平地、丘、沼地等の地形がキャラクター の能力に影響与えたり、暴雨と風等の天候を利用した戦闘も可能になる。

ss01.jpg ss02.jpg

もう1つの大型システムとして「ハウジングシステム」が公開された。このシステムは、それぞれのユーザーがゲーム内で自分だけの家を所有することができるというもの。プレイヤーは自分の家を持つだけでなく、財貨の生産、傭兵や第二の世代の育成をすることも可能だ。また、キャラクターの強化はもちろん本人が所有している傭兵を執事、メイド、コックに転職させることもできる。

ss03.jpg ss04.jpg ss05.jpg ss06.jpg

さらに、新規傭兵として「ファラン」、「闘士」、「楽士」が追加される予定であることも発表された。「ファラン」は韓国の三国時代の戦士をモチーフにしており、弓、「闘士」は『荒野の蒸気男』という古いアメリカ小説をモチーフにしており、電動のこぎりをそれぞれ武器として使用。「楽士」はヨー ロッパ中を魅了した伝説的なバイオリニスト『パガニーニ』をモチーフにした傭兵で実在人物は男性だが、アトランティカでは女性に設定されているようだ。

ss07.jpg ss08.jpg ss09.jpg

最後に北アメリカ地域の最終メインシナリオ『グランドキャニオン』が公開された。『グランドキャニオン』はレベル120以上のキャラクターが遂行可能となっており、『アトランティカ』の中で最高レベルのダンジョンとなる。

ss10.jpg ss11.jpg ss12.jpg ss13.jpg

【ゲーム概要】
ゲーム名:アトランティカ
ジャンル:MMORPG
料金システム:基本プレイ無料 アイテム課金制
『アトランティカ』公式サイトURL:http://atlantica.nexon.co.jp/

ネットゲームのマクロ自動操作・速度変更・多重起動が全てできる! 視点変更・壁透け機能もある超お得ツール

©2009 NEXON Corporation and NEXON Japan Co.,Ltd. All rights reserved.
©2009 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.