任天堂の据え置きゲーム機のWiiについて、ユーザーの間から「新作ゲームをもっと出せ」と、不満が漏れているという。
Wiiは現在もっとも売れている据え置き機であり、ユーザーの好みもあるだろうが、任天堂に対して「新作ゲームをもっと出せ」という要望は、過去には見られなかった事態だ。

Wiiはライバルであるプレイステーション3(以下PS3)やXbox360(以下360)のように、性能を追及したマシンではなく、
Wiiリモコンと呼ばれるリモコンを動かす事で画面内のキャラが動くといった、直感的な操作をウリにしたマシンだ。
一見するとグラフィックはPS2と比較しても、大して綺麗になった印象を受けない。
そのため、コアなゲームファンからは「しょぼい性能」「次世代機とは言えない」などと敬遠されがちだが、それはメーカーにとっても同じらしく、シリーズ物の本編最新作は他機種で、外伝をWiiでという形が目立つ。
外伝以外にもオリジナル作品が多いのもWiiの特徴ではあるが、いつしかシリーズ物しか売れない市場となってしまった事から、ユーザーはシリーズ物の大作を望んでいるのかもしれない。
任天堂ソフトで言うと、「ゼルダの伝説」や「スーパーマリオ」「MOTHER」といった、ゲーマーも喜ばせる事のできるシリーズの最新作がそれに当てはまるのではないか。
先日発表された「ゼルダの伝説」最新作はニンテンドーDSでの提供となり、Wiiではなかった。
スクウェア・エニックスも大人気RPG「ファイナルファンタジー」を発表してはいるが、本編ではなく「ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル」シリーズの最新作となっている。

こういった「シリーズ物しか売れない」傾向はPS2時代から顕著に現れるようになった。
オリジナル作品が売れにくい事から、メーカーもシリーズ物ばかり作るようになった結果が今の市場ではないだろうか。
任天堂はソフトは他メーカーに比べて早いペースで発売はしているのだが、一方で任天堂が新規層を意識して、知育ソフトや難易度の低いソフトを連発した事が、もっとゲームをやり込みたい層から反感を買う原因にもなっている。
結局は「自分たちの好みじゃないから、もっと違う新作を出せ」という事なのかもしれない。

今回のユーザーの声は、はたして任天堂に届くのだろうか?

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
Xbox360、早く新作発表を。
あの街が冒険の舞台に 本格派がケータイに登場
賛否両論。「イース」最新作はPSPで発売
スクエニメンバーズが配信タイトルのアンケート実施中
イースオンラインはファンを納得させられるか?