全国携帯ゲームユーザーを日光東照宮へ…異色のコラボで、ユニークな試みが行われることとなった。

株式会社コロプラは、創業101年の歴史を誇る「日光甚五郎煎餅」で有名な株式会社石田屋と提携し、コロプラが提供する携帯位置情報ゲーム(=位置ゲー)「コロニーな生活☆PLUS」内の限定バーチャルお土産アイテムとして、「日光甚五郎煎餅」を採用した。

「位置ゲー」は携帯電話のGPSや基地局による位置情報をベースとした、全国11万人が利用する携帯ゲームで、そのパイオニアである「コロニーな生活☆PLUS」は、位置連動型の携帯ゲームとなっている。

ゲーム内では取得位置限定アイテムである全国525種類の「お土産」アイテムを用意しているが、これを集めるユーザーが多いことを受けてコロプラでは、実際の商業お土産を「アイテム化」することを決めた。これにより、強い認知効果と集客効果の両面を狙った新しい携帯マーケティングを目指したいとしている。

ゲーム内に登場する「日光甚五郎煎餅」アイテムは、栃木県日光市の店舗「石田屋」から半径1Km以内で位置登録した場合のみ取得できるようになっている。これにより、ゲームの利用者は日光市の石田屋店舗付近に実際に足を運ぶこととなる。せっかく日光まで足を運んだのだから、本物のお煎餅を買って帰ろう、となるのが自然だろう。

また今回のお土産アイテムにはクーポンが付属されていて、実際の石田屋店舗に来店し携帯画面を見せることで、コロプラ特製シール付きお煎餅がもらえる特典がついている。さらにユーザーは、お土産アイテムをゲーム通貨を使って複数個購入することができ、地元などのゲーム友達にお土産として配布することができる。

全国には熱狂的にお土産を集めているコレクターが存在することから、今回のお土産アイテムはユーザーからユーザーへプレゼントされることで広く配布され、認知も広がることが期待される。

「日光甚五郎煎餅」は創業明治40年(=1907年)、日光東照宮の「眠り猫」を彫った左甚五郎の名にちなんだ日光を代表する銘菓だ。厳選された材料と独特の製法によって作られているのが特徴で、サクサクの食感とバターオイルと塩の味付けが人気となっている。

今回の取り組みについて、株式会社石田屋の石田雅一氏は「私自身もコロプラのユーザーとしてゲームを楽しんでいた。位置情報に連動した商品告知や実際の店舗への誘導という、今まで誰も取り組まなかった新しい試みは非常に興味深く、日本全国のお土産・製菓メーカーのお手本となるようなマーケティング事例に育てたい」とコメントしている。

コロプラでは初期3ヶ月間で日光市の石田屋店舗におよそ2千名のコロプラユーザーが来店することを想定している。

(編集部 鈴木亮介)

【関連記事】
知らずに「幽霊屋敷」を借りた男性が502万の損害賠償請求。日光市。
おみやげ選びのお役立ちケータイサイト 気になる賞味期限も一発解答
「鬼太郎せんべい」を島土産姉妹が考案、隠岐島名物になるか。
激戦!ご当地ラーメン。今年は「八王子」。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!

【参照】
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=36701