『フィッシュアイズWii』体験レポートで人気タレント福島和可菜さんが華麗な腕前を披露!

写真拡大

マーベラスエンターテイメントから2009年4月30日に発売される『フィッシュアイズWii』元自衛隊員という異色のキャリアに加え、無類の釣り好きとして多くの番組にも出演する、人気タレント福島和可菜さんが応援部長に抜擢された。同社は、本作の体験レポートを本日3/24、マーベラスエンターテイメント社内にて開催した。

まず『フィッシュアイズWii』について簡単に説明すると、Wiiリモコンを釣竿に、ヌンチャクをリールに見立てて、本物さながらの釣り体験が楽しめるフィッシングゲームだ。世界各地の大自然の中、海や川で臨場感溢れるフィッシングが満喫出来る。 会議室に通されると、すでに福島さんはフィッシングの真っ最中。普段から釣りが趣味でよく行くとあって、手馴れた手つきでWiiリモコンとヌンチャクを自在に操り、魚を釣り上げていた。今回、福島さんに体験してもらったステージは【フロリダ】【太平洋・岩礁】の2ステージ。「基本的に海釣りのが好き!」という福島さんは、どちらも海をチョイスしていた。

ss01.jpg ss02.jpg

◆恐るべし!オニカマス!
初めに挑戦してもらった【フロリダ】では、何度糸を垂らしても一向に魚がかかる気配がない。なんでも「エサを変えたり、仕掛けを変えると釣れる魚種が変わる」とのことで、きちんと海用の仕掛けになっていなかったようだ。そこで、すぐさま海用に調整。すると、高難易度の“オニカマス(バラクーダ)”がかかった!大きいものになると、2メートル近くなるというその巨体はひっぱれどひっぱれど、なかなか言う事を聞かない。福島さんも懸命にリールを回すも、残念ながら釣り上げることは出来なかった。福島さんによれば「巻き過ぎると糸が切れてしまうし、リモコン(ロッド)を振り遅れると針が外れてしまったりと、かなり本当の釣りに近い」そうだ。

ss03.jpg ss04.jpg

◆磯釣りで魅せた!
続いて、ステージを【太平洋・岩礁】に移動。福島さんは、「磯釣りが一番好きなんです!」とプレイ前から自信を覗かせていた。ここで、かかったのは“イシダイ”。得意というだけあって、華麗なコントロールで瞬く間に42cmのイシダイを釣り上げた。これには、福島さんも満足気。釣り上げたイシダイについて尋ねると、「このゲームは本当に燃えますね!実際の磯では、39cmが最高なので、次行く時には42cmを狙って自己ベストを更新したいです!」と、かなり本作に感化された様子だった。

最後に、本作の楽しみ方について「釣りを普段やられる方はもちろん、やってない方でも楽しめると思います。VSモードでは4人対戦が出来るので、みんなでワイワイするのも面白いんじゃないでしょうか。わたしは、大きい獲物を狙って一人で没頭します!(笑)」と、コメントしていた。


『フィッシュアイズWii』公式サイト http://www.mmv.co.jp/special/game/wii/fisheyes/

ss05.jpg ss06.jpg ss07.jpg ss08.jpg

©2009 Marvelous Entertainment Inc. ©2009 Natsume Inc.