元「おたく評論家」で、現在はホストやDJとしても活躍する宅八郎が、mixiで四方宏明氏を名指しで「ブッ殺す」と「処刑宣告」した。2ちゃんねるやmixiでの同様の行為で逮捕が相次ぐ中、ネットでは宅が逮捕されるのではとの憶測が飛び交っている。

宅は19日深夜、「予告です」とのタイトルで、mixiの日記に次のように書き込んだ。「処刑宣告です。対応いかんですが、公開処刑を宣告します」 との物騒な書き出しは、さらにこう続く。「神戸に住んでいるP&G社員(責任ある立場)で、テクノポップとかの『先生』を自称し、また人に呼ばせ ている四方宏明をブッ殺します。四方宏明の詐欺師・差別者としての素顔を暴きます。『地獄行き』です」。宅一流の芸風としても、犯罪に問われかねない内容だ。

四方は、テクノポップのサイト『POP ACADEMY』のウェブマスターや『All About』における「テクノポップ」のガイドを務める。アキシブ系音楽の提唱者の一人とされるが、宅は同じ記事で「アキシブ系なんて知りません」とし、 「四方にはボクのすべての質問に百点満点でお答えいただくつもりです」と迫っている。

ネットでは「これはアウトだろう」との見方が多数を占め、逮捕もあるのでは?という憶測も流れたが、数日後、19日に書いた日記を「「殺害」予告で す(笑い)。」として若干語調を弱めたタイトルに変更。続いて3月21日の記事「秋葉系・渋谷系・アキシブ系、処刑序章」を公開し、「ブッ殺す」という勢 いは減ったものの、かなり執拗な四方への抗議を展開している。

個人のネガティブな感情が直接的に表れてしまうSNSの典型的なトラブルと言えるが、ちょっとした有名人のケースなだけに、今後どういう展開になるのか、目が離せない。

記者:天風(from cocolognews)

このニュースの元記事を読む

■関連記事