過去携帯ゲーム機は据え置き機の陰に隠れていた。任天堂のゲームボーイ(GB)を遊んでいた層にしても、GBをメイン機として遊んでいた人は少ないのではないだろうか。
その常識を覆したのがDSでありPSPである。

一般層を取り込んだ事で爆発的な普及をしたDS。
タッチペンで直接画面に触れて操作できるという、誰にでもわかりやすい操作方法が、普段ゲームをあまり遊ばない層にもうけたが、飛躍的に知名度を上げたのは「脳を鍛える大人のDSトレーニング」だろう。
DSといえばどうしても低年齢層や一般層を意識したソフトばかりに思われがちだが、一方で「テイルズオブ」シリーズや「悪魔城ドラキュラ」シリーズといったやり込めるゲームも発売されており、「ポケットモンスター」シリーズも子供向けのイメージが強いが、やり込めば相当な時間遊べるソフトである。
単純にプレイしないで子供向けと決めつけてしまうのはいかがなものだろうか。

一方のPSPはプレイステーションやプレイステーション2といった、据え置き機からの移植作品やシリーズ作品が多い。
「それならPSやPS2で遊べばいいのでは?」というユーザーもいるが、以前はテレビの前でしか遊べなかったクオリティのソフトが、携帯機でいつでもどこでも遊べる点は間違いなく魅力ではある。

DSに全般層向けを意識したお手軽・簡単なゲームが多いのに対し、PSPはゲーマーを意識したやり込めるソフトが多い点も人気の理由だろう。
据え置き機の販売台数が国内では少し歪んだ(?)方向性を示しているのとは対照的に、携帯機は良い意味で住み分けができているように感じられる。
ゲーム好きなら、どちらかではなく両機種持っておきたいところだ。

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
賛否両論。「イース」最新作はPSPで発売
スクエニメンバーズが配信タイトルのアンケート実施中
イースオンラインはファンを納得させられるか?
ゲームユーザーの代理戦争?
「アイドルマスター」仕様のマイクロソフトポイントカード発売

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!