大阪で20年以上大人気の「探偵!ナイトスクープ」が初のゴールデン・全国同時ネット放送(テレビ朝日系)された。2700人の超満員の観客を前に、西田敏行局長と岡部まり、キダ・タローとお馴染みの面々が並んだ。

   視聴者から受けた相談を「探偵」たちが調査し、報告するというスタイル。過去の伝説のVTRを含め、いろいろと紹介した。絵本を読んでる途中で泣いてしまうので、最後まで泣かずに読めるようにしたい、という相談や、将棋しながらボクシングする挑戦や、ゾンビと戦いたい兄弟姉妹、といった話が出てきた。爆笑と号泣を両方狙ったつくりだった。

   結論から言うと、初のゴールデン・全国ネットというので入れ込み過ぎてしまったようだ。肩に力が入ったというか、「大きな番組」をつくってしまった。この番組の本来の良さは何か。もっとちまちました小さな話を、ああでもないこうでもない、と語り合うところが、大阪の笑いとマッチしてきたのだろう。深夜らしく庶民的にやっているのが味だったはずだ。それがひな壇芸人もずらっと大勢並べ、話のやりとりも拡散してしまった。

   設計ミス、ある意味偉大な失敗だな。普段通りできなかったのだろうか。数字は関東で5.3、関西21.4%。環境を変えるのはなかなか難しいものだ。

      ちまちまが 番組の味と 忘れるな

横澤 彪

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
会社内の「人間関係」をテーマにした「会社ウォッチ」も10月オープン!