「マクロス」シリーズや春から始まる新番組「バスカッシュ」を手がけている河森正治監督。「創世のアクエリオン」などのロボットは実際に変形合体するレゴのロボットを自ら試作してからアニメを製作するというとんでもない監督なのですが、東京国際アニメフェア2009のサテライトブースでも周囲を沸かせる驚愕のサインを描いていました。

河森監督がサインを描くムービーなど詳細は以下から。
サインはサテライトブースで行われました。


駅の看板のように「マクロスF」と「バスカッシュ」に関わる河森監督をアピール。


ブースで直接サインを描き込む河森監督。


最終的にはものすごく巨大なサインとなりました。


「マクロスF」側のサイン。


デカルチャー。


躍動感のある糸引きミサイルが飛んでいます。


「バスカッシュ」側のサイン。


バスカッシュのテーマは「ジグザグ」なのだそうです。


そして2つのサインが「合体」。これはまた別の番組のような……。


・関連記事
「劇場版マクロスF」始動、マクロスF最終回放映直後に発表 - GIGAZINE

東京国際アニメフェア2009開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

2009年春期放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

記事全文へ