Xbox360で人気を博したスクウェア・エニックスのゲーム『ラストレムナント』。同社の人気ゲームである『サガ』シリーズのスタッフが担当したゲームだけあって、非常に奥の深いバトルやストーリーを楽しむことができる。本筋とは関係のない冒険をすることも可能で、それらをこなしていくと本筋のストーリーでは語られなかった秘密が判明していくというやり方も、非常に興味がそそられる。

そんな人気ゲームのパソコン版は日米ともに発売前なのだが、すでに製品版が流出。ゲームデータがアップロードされ、誰でもいつでもダウンロードし、無料でゲームを入手できる状態になっているのである。このことについてインターネットの『2ちゃんねる』や一部のブログでは大きな話題となっている。

発売前のゲームが1〜2日前にダウンロードできる状態にされるのはたびたびあることなのだが、この『ラストレムナント』は日本で4月9日に発売される予定であり、まだまだ発売が先なのである。海外では3月24日に発売されるので、今回流出したゲームは海外版と思われる。

このような違法アップロードやダウンロードに対し、ゲームメーカーはさらなる予防策を練る必要があるのではないだろうか。このゲームソフトをダウンロードして「ウヒョ♪ ただでゲームできちゃう! ウヒョヒョ♪」と思っている輩も多くいるかもしれない。考えすぎかもしれないが、このようなことが日常的に続くのであれば、「物を受け取って対価を払う」という常識がわからない子どもたちが増えるのではないかと不安でならない(このニュースの元記事はこちら)。
 
執筆: キンポルーニ・ファーランド
イラスト: ピョコタン
 
 
ゲームに関するこんな記事もあります
ヤフオクにPSPのコピーゲーム出品で大荒れ! 出品者は主婦か
任天堂「引き続き法的措置を講じる可能性あり」とマジコンにゆるぎない姿勢
米ゲームメーカー「PS3で苦戦しているのでWiiでソフト出した」
【ツタヤに聞きました】ツタヤがPS3を2万円台で販売! だけど黒字です!