栗本薫原作で2009年に30周年を迎える日本のファンタジー小説の金字塔、それが「グイン・サーガ」です。2009年2月の時点で正伝125巻、外伝21巻となっており、単一作家の小説としては世界最長と言われており、累計3000万部に到達しています。それがアニメ化されるということで、どのような感じで仕上がっているのかが非常に気になるところ。

というわけで、詳細は以下から。
これがブースの様子。コンパクトにまとまっている感じ。


パンフレットではなくこういう冊子が置いてありました。気になるので中を見てみることに。


生きた神話に出会う


イントロダクション


これがグイン


ストーリー


相関図


登場人物説明



ディレクターからファンへのメッセージ


グイン・サーガとは、という説明。


原作者からのメッセージ。


オープニングテーマは「グインのテーマ」、エンディングテーマは「Saga〜This is my road〜」


スタッフとキャスト


NHK BS2にて毎週日曜夜11時29分から放送


なんというか、NHKっぽい


実際のシーンいろいろ


なお、BIGLOBEでも4月から配信するとのことです


・関連記事
2009年春期放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

テレビアニメ「グイン・サーガ」、2009年4月からNHK BS2で放送開始 - GIGAZINE

最新第122巻が刊行中の「グイン・サーガ」、待望のテレビアニメ化が決定 - GIGAZINE

記事全文へ