懐かしの魔法少女アニメ「魔法のプリンセス ミンキーモモ」が2012年に放送開始から30周年を迎えるということで、アニメを制作したプロダクションリードでは新プロジェクト「Fairy Princess MINKY MOMO NEW PROJECT」をスタートさせました。これは2012年までを第1のステップとして3年間にわたり月刊誌「ぷっちぐみ」との連動企画を展開する予定となっています。

ということで、ミンキーモモを中心にダンクーガなどが展示されていた東京国際アニメフェア2009・プロダクションリードのブースをチェックしてきました。

詳細は以下から。
魔法のプリンセス ミンキーモモ 公式ホームページ
http://www.minkymomo.jp/

ミンキーモモは2012年で第一作の放送から30年を迎えます。



ブースはこんな感じ。ミンキーモモがメインで展示されており、3月20日にはステージでのイベントも予定されています。



ちっちゃなモモと大きなモモのフィギュア。




その隣には懐かしの変身グッズやマスコットキャラのぬいぐるみなどが所狭しと陳列されています。



パブリックデーの2日間には各種グッズの限定販売も行われるとのこと。


メモリアルコレクションDVDの第1巻、1800円。1000枚の限定生産だそうです。


アニバーサリーカレンダーは800円で、300枚限定生産。


MOMOペンダント(8000円)とマジカルプリンセスペンダント(9000円)、定価よりちょっと安い特別価格になっているみたい。


ミンキーモモだけではなく、戦国魔神ゴーショーグンのオリジナルセル画なども販売される模様。これは美形悪役として有名なレオナルド・メディチ・ブンドル。


こちらは主人公チーム・グッドサンダーの紅一点、レミー島田。


また、プロダクションリード作品として忘れてはならないのが「超獣機神ダンクーガ」。全39話のテレビシリーズに加えてOVAで3作が発表され、さらに挿入歌などを集めたビデオクリップ集「獣戦機隊SONGS」まで発売されています。下の画像は正統な続編の「獣装機攻ダンクーガノヴァ」。


プロダクションリードのブースを守るように立つダンクーガノヴァの勇姿。



フィギュアも新旧ダンクーガが並んでいます。




スーパーロボットがいっぱい。


こちらはゴーショーグンと宇宙戦士バルディオス


SDゴーショーグンは必殺技・ゴーフラッシャーを撃っているところです。


その他にもプロダクションリードの手がけた「NG騎士ラムネ&40」などの映像が流されているので、気になる人はぜひ立ち寄ってみて下さい。



30周年となる2012年にはミンキーモモの第三作目が発表されたりするのでしょうか。

・関連記事
劇場版「魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st」のPVと複製原画 in TAF2009 - GIGAZINE

「超獣機神ダンクーガ」テレビシリーズ全38話とOVA全4作品を完全収録したBlu-ray Disc BOXがついに登場 - GIGAZINE

あの「覇王大系リューナイト」のコンプリートDVD-BOXが完全限定生産で発売へ - GIGAZINE

TV未放映の「世紀末覇者!魔法少女総進撃」を収録した「もえたん Lesson7」3月25日発売 - GIGAZINE


記事全文へ