「週刊少年サンデー」と「週刊少年マガジン」の創刊50周年記念で製作された様々な漫画家のサインが入れられた巨大Gペン。大同窓会のステージでは7人の有名漫画家によってサインが描き込まれたのですが、その後場所を移動してほかの漫画家によってその場で直接サインが入れられていました。

詳細は以下から。
実は2本あった巨大Gペン。


一応サインのサイズ規定が書かれています。


「男組」の池上遼一先生や「ARMS」の皆川亮二先生のサインが入ったGペン。



ステージでのサイン入れが行われたのはこちらのGペンです。



「美鳥の日々」や「あいこら」の井上和郎先生がその場で直接サイン入れしていました。


ステージでもそうでしたが、会場に置かれている道具はマジックペンのみ。


さらに不自然な体勢なのにそれでも曲面の壁にスラスラと絵を描いていく姿はまさに神業です。


完成。


「巨人の星」や「いなかっぺ大将」の川崎のぼる先生もその場で描いていました。






「涼風」や「君のいる町」の瀬尾公治先生。






「風雲児たち」のみなもと太郎先生。








すでにGペンに描かれていたサインは以下。

「カイジ」や「アカギ 」で知られる福本伸行先生。


「釣りバカ日誌」の北見けんいち先生と漫画の原作も手がける夢枕獏先生。


「エア・ギア」などの大暮維人先生。


「魔法先生ネギま!」の赤松健先生


「名探偵コナン」の青山剛昌先生。


「RAVE」の真島ヒロ先生。


「銀河鉄道999」の松本零士先生。


「燃えよペン」の島本和彦先生。


「デビルマン」の永井豪先生。


「風の大地」のかざま鋭二先生。


「Dr.コトー診療所」の山田貴敏先生。


「うしおととら」の藤田和日郎先生。


その他、有名漫画家のサインが多数残されていました。








この巨大Gペンは、2009年7月18日から始まる展覧会「サンデー・マガジンのDNA〜週刊少年漫画誌の50年〜」で、川崎市市民ミュージアムをはじめ、京都国際漫画ミュージアムや高知県立美術館など全国を巡礼していくそうです。

・関連記事
サンデーとマガジンの歴代作家たちがサインを寄せ書きした巨大Gペン・前編 - GIGAZINE

「サンデーマガジン創刊号復刻版」をもらってきたのでじっくりと読み比べてみました - GIGAZINE

サンデー・マガジン大同窓会、有名漫画家たちがバースデーケーキに乗った50本のロウソクを吹き消すのに全力を見せるムービー - GIGAZINE

週刊少年サンデー・週刊少年マガジン50周年記念大同窓会、名だたる漫画家たちによるコメントムービー - GIGAZINE

総勢115人のマンガ家&原作者による「マンガの未来に必要なものをズバリ一言。」全文掲載 - GIGAZINE

記事全文へ