2009年4月4日(土)からテレビ東京系列で放送が始まる「真マジンガー 衝撃!Z編 on television」。「単なるアニメ化では終わらない!」と大きく銘打たれている通り、永井豪の原作を「機動武闘伝Gガンダム」で知られる今川泰宏監督が真のマジンガー伝説を現出させます。今回はそんな真マジンガーからキャラクターの設定画と作品の場面カットを紹介します。

詳細は以下から。
テレビ東京・あにてれ 真マジンガー 衝撃!Z編 on television


これがキービジュアル。スーパーロボットものらしい重厚なイメージが伝わってきます。


兜甲児は祖父・十蔵からマジンガーZを託され、激闘の中に身を投じることになります。



マジンガーZを開発した兜十蔵博士。


光子力研究所の所長・弓教授の娘、弓さやか。アフロダイAに乗り、突っ走りがちな甲児を戒めて仲間の大切さを教えます。


これがアフロダイA。


Dr.ヘル。古代ミケーネ帝国の遺産・機械獣を操り、世界征服を企んでいるマッドサイエンティスト。


兜甲児役は赤羽根健治。


甲児の弟・兜シロー。CVは藤村歩。


弓さやか役は本多陽子。


Dr.ヘル役は岸野一彦。


身体の半分が男、半分が女になっているあしゅら男爵。男役は石飛幸治、女役は山像かおり。


マジンガーZなどロボットたちの設定画。巨大な鎌が特徴的なガラダK7や双頭のダブラスM2などが出てくるようです。





こちらは原作者の永井豪さんやキャストのみなさん。赤羽根健治さんは「僕のような新人から大ベテランまでキャストがとても豪華ですので、「マジンガー」を知っている方も、知らない方も、是非「真マジンガー」をよろしくお願い致します。キャスト一同、スタッフ一同、あの、僕が言うのも変なんですけど(笑)宜しくお願い致します。」というメッセージを寄せています。


放送はテレビ東京系列各局で4月4日(土)23時20分からとなっています。

© 2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

・関連記事
今川泰宏監督によるマジンガー新作「真マジンガー 衝撃!Z編」テレビ放送決定 - GIGAZINE

シリーズ第3作目が最高視聴率100%をかつてマークしたマジンガーZを原作とした「真マジンガー 衝撃!Z編 on television」の放送日決定 - GIGAZINE

スペインにマジンガーZの銅像がある - GIGAZINE


記事全文へ