日本では3月5日、北米やヨーロッパでは3月13日に発売されたカプコンの「バイオハザード5」が、全世界の初回出荷で400万本を突破した。これまでの歴代「バイオハザード」シリーズで初回出荷400万本を突破したのは初めて。シリーズ最高の出足であるとともに、プレイステーション3とXbox360の販売台数を押し上げる起爆剤となっている。

プレイステーション3とXbox360でマルチプラットフォーム展開された「バイオハザード5」は、1996年に第1作目を発売後、国内外で累計4,000万本以上(2009年3月16日現在)を出荷してきた人気タイトルの最新作。それだけに発売前から世界中のファンから注目を浴びていた作品だ。

そんな「バイオハザード5」は、最新ゲーム機ならではのリアルで迫力のある映像表現に加え、ハリウッドとの協力により映画製作で使用する技術を取り入れたことにより、「光と闇のコントラスト」に焦点を当てた緊迫感あふれる新たな「恐怖」を実現している。

なお、メディアクリエイトが発表した3月2日〜8日の「週間ソフトセルスルーランキング」では、プレイステーション3版が319,590本を販売しランキングトップ。Xbox版も79,157本を販売し、3位につけている。