anime03

ななな、なんと! プレイステーション3(以下、PS3)が15万円で売られている。新品を買ったとしても5万円以下で買えるハズなのだが、どうしてこのPS3は15万円なのか? ハードディスク容量は60ギガバイトで、現在は販売されていないバージョンである。しかし、ハードディスク以外にもひとつ大きな違いがある。それは何か?

そう、この60ギガバイトモデルにはプレイステーション2(以下、PS2)との互換機能が搭載されており、いままで購入してきたPS2のソフトウェアで遊ぶことができるのである。それにしても、15万円は高額なので、そう簡単に手が伸びない……。この互換機能搭載PS3を販売しているインターネットショップでは、「PS2のソフトを持っている人はどうするの応援企画」としてこのPS3を販売。

確かに、多くのPS2ソフトを所持している人にとっては、互換性のあるPS3はありがたい。でも当記者のサイフでは15万円は手が届かないので、『Yahoo!オークション』で同様の互換機能搭載PS3の中古価格を調べてみたところ、5〜6万円程度で取引されていることがわかった。ショップも15万円が高額だと判断しているのか「稀少品! 仕入れ価格高騰によりお値段はご了承ください」とコメントを書いている。

<インターネットでの反応>
・PS2を別に買った方がマシじゃねーか
・PS3買う奴って大抵PS2持ってるんじゃないの?
・まだ注文してない奴は早くしないと売り切れるぞ!
・定額給付金で買える!(編集部注: 買えません)
・内部メモリとかチップとか外部端子とか初期版のPS3はこれでもかと言うくらい豪華
・ベルジャネーゾ氏って初期型買ったんだよな 勝ち組だな・・・

5万円でも15万円でも当記者にとってはまだまだ高いので、とうぶんはPS2の本体でPS2のソフトを遊ぶとしよう。15万円でもほしいんだから仕方ないッ! という人は、こちらから購入することができるのでどうぞ。
 
執筆:ケルルン・クッカー
illustration:Pyocotan
編集:ロケットニュース24編集部
 

このニュースの元記事はこちら

■ゲーム関連記事