ボクシング 粟生が五輪王者との対戦熱望

写真拡大

 WBC世界フェザー級王者の粟生隆寛が13日、都内の帝拳ジムで会見を行った。新王者は「もっと強くなりたい」と所信表明。さらに最強王者を目指すべく五輪王者との頂上対決を熱望した。

 オスカー・ラリオスにリベンジを果たした。この日は、まだ新ベルトが届いていないため、ホルヘ・リナレスのベルトを手に「早くベルトが来ないかな。枕元に置いて寝たい」と笑顔を見せた。
 ジムの同僚であるWBCスーパーバンタム級王者の西岡利晃とWBAスーパーフェザー級王者リナレスからも祝福され喜び一杯の粟生だが、初防衛戦の話になると表情を引き締めた。

 帝拳プロモーションの浜田剛史代表によれば、前王者のラリオス陣営が興行権を持っているため、「向こうが指名する選手との試合になるのではないか」という。同級1位のエリオ・ロハスとの対戦が有力だ。
 「強く勝つことだけを考えて試合をしていきたい」という粟生にとって、初防衛戦は通過点に過ぎない。今後、対戦してみたい選手としてアテネ五輪フライ級金メダリストのユーリオルキス・ガンボアの名前を挙げ「僕もアマ出身だし、機会があればやってみたい」。
 ガンボアは、米国で現地時間4月17日、ホセ・チェオ・ロハスとWBAフェザー級王座決定戦に臨む。もし、ガンボアがベルトを奪取し、粟生も防衛を重ねれば統一戦の可能性も出てくる。

【他にはこんな記事も!!】
ボクシング WBCフェザー級新王者の粟生に待ち受けるイバラ防衛ロード
戦極 小見川が野生化! 猫パンチも習得
DREAM 柴田がミノワマンに下克上宣言

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!