この1年で最も活躍した声優を表彰する「声優アワード」。その第3回目となる授賞式が

3月7日に行われた。アニメファン、声優ファンは数日前からかなり注目しており、


「図表入りの記事はこちら」
  • 「誰が選ばれるんだろ〜、待ち遠しいよ」
  • 「もうすぐ声優アワード!!新しい人気声優はここでチェック!」

といったコメントが多数アップされた。


が、表彰前に某雑誌のポスターからその結果が明かされるというハプニングも…。さらにその内容が多数のブログやHPに掲載され、それを見たブロガーたちはてんやわんやの大騒動。


  • 「げげ!これってそうなんですよね〜。ネタバレ注意!」
  • 「確定ってわけじゃないんでしょ?違うの、どうなの??」
  • 「嬉しい、本当の本当に神谷さんなら……いいのに」

しかし、その結果が土壇場で覆る可能性を想像してか、もしくはたくさんの憶測も同時に流れたせいか、結局ファンのドキドキは変わらなかった様子で、大半のコメントからは怒りのニュアスが感じられなかった。


そして第三回声優アワードの結果は……。主演男優賞を神谷浩史が獲得。
ラジオなどの番組司会も評価され、パーソナリティ賞と合わせてダブル受賞した神谷は「神谷浩史、これからもずっと声優です!本当にありがとうございました」と喜びを表現した。


  • 「嬉しいにゃり〜。神谷さんでよかった!」
  • 「おでとうございますぅ。私もずっとファンです」

と神谷ファンも感激の様子。また、主演女優賞には釘宮理恵が。「ツンデレの女王」とも呼ばれる彼女は授賞式に和服で登場し、会場を華やかに盛り上げた。


  • 「大好きな釘宮理恵さんがアワード獲得。驚き、喜び、感嘆……!」
  • 「若いのに演技力抜群。納得ですな」

など、釘宮ファンからもコメントは多数アップされている。


他の声優を応援してたブロガーや、それらの結果に納得のいかないブロガーからは、


  • 「これ出来レースじゃろ?つまんね〜す」
  • 「嫌だ!信じない。やり直しを求む」

といった批判的なコメントもアップされたが、それもこれも注目が集まっているものへの宿命と考えると、今回の「声優アワード」、概ね成功と呼べるのではないだろうか。


80年に誕生し90年代に一気に盛り上がった声優大ブーム、まだまだその熱気は受け継がれているようだ。


(山葉のぶゆき/effect)




■関連記事
「キモかわE!」って、エロゲですか?
憧れのギャートルズ肉が現実に!
深キョンのドロンジョ様に釘付け


■「山葉のぶゆき」の他の記事を読む
やっぱそうなる?「全面禁煙」
芸人本、じゃんじゃん発売!
ヒュージャックマンの素顔は意外と…


■kizasi.jpでみる
最新の「声優アワード」