戦極 山田哲也に3つの必殺技

写真拡大

 3・20「戦極〜第七陣〜」(東京・代々木第2体育館)で開幕するフェザー級GPの注目戦士“スーパー高校生”山田哲也が11日、都内のリバーサルジムで公開練習を行った。愛読している漫画「グラップラー刃牙」をヒントに、3つの必殺技を用意したことを明かした。

 GP1回戦でロニー・牛若と対戦する。英国最軽量級の最強戦士と称され、16勝1敗1分の戦績を誇る強豪だが、「負ける気はしない。3つのフィニッシュパターンも浮かびました」と臆することはない。

 3種類のフィニッシュとは「小学生のころから読んでいる。全巻、持っている」という格闘マンガに出てくる技だ。山田は、主人公の範馬刃牙が同じ高校生ファイターという境遇から「刃牙が好きで自分と重ね合わせていた」という。「最近、読み返してみたら、地下闘技場のシーンで使える技があった。刃牙が夜叉猿を倒した技とか…」。

 そんな思いを抱くのも当然。今月3日には同漫画の作者・板垣恵介氏と雑誌の対談で会い、激励された。「グラップラー…」は実在する格闘家そっくりの登場人物が出てくるだけに「いつかモデルにしてもらえたらうれしい」と、試合当日に来場する板垣氏の前で結果を残して“リアル刃牙”を目指す。

【他にはこんな記事も!!】
K-1 「女子格闘技の祭典」開催表明 レスリング“絶対王者”に参戦ラブコール
K-1 谷川EPが秋山に恨み節
ボクシング 粟生リベンジへ余裕のKO予告

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!