micro

ニュージランドの映像倫理審査機関で検閲官を努めるBill Hastings氏が「子供に暴力的ゲームをやらせた親は刑務所へ送るべき、1人の親が起訴されれば他の家族にも見せしめになり、プレイする子供は減るだろう」と過激な発言をしたことが現地メディアの報道でわかった。

また同氏は「自分の子供が成人になっていないことを承知で親が暴力的ゲームの『Grand Theft Auto』をプレイさせたら最大3カ月の禁固刑、もしくは1万ドル以下の罰金を科すことが可能で逮捕も場合によってありえる」と続けた。

この発言にゲームファン、ゲーム関係者は不安の色を隠せない。

・親が刑務所に入った後、今度は誰が子供を守るのか。
・なんでも法律で縛ることが大事だとは思えない。
・そもそも親の教育、学校の教育の見直しが重要なのではないか。
・こんな発言をする連中は将来ダメになるだろう。

そもそも、オーストラリア、ニュージーランドは暴力的な映像やコンテンツに対しては他国よりも厳しいと有名なのでこのぐらいの発言は国内ではあたりまえかもしれないが、法律で縛ることが全てなのか非常に議論すべき問題である。

このニュースの元記事はこちら

■関連記事