1999年に第1弾が発売され、根強い人気を誇る「遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム」のカード約12万枚がオークションに出品されていたことが明らかになりました。

紹介ページでは実際に山積みにされたカードの写真が掲載されており、総重量はなんと144kgに達するとのこと。はたして最終的にいくらで落札されたのでしょうか。

詳細は以下の通り。
Yahoo!オークション - 引退◆合計120,000枚◆まとめうり◆未開封品も多数

このページによると、出品者は車を購入するために今まで集めた「遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム」のカード約12万枚を出品したそうです。中には限定、非売品、市販系などが含まれており、未開封のものも含まれるとのこと。

ちなみにカード種別の内訳は以下の通り。「ホログラフィックレア」のカードが約12万枚中4枚しかないということは、とんでもなく希少価値があるということなのでしょうか。

・ホログラフィックレア 4枚
・レリーフ 約602枚
・シークレット 約1064枚
・ウルトラ 約4295枚
・スーパー 約4974枚
・レア 約12000枚
・ノーマル 約101000枚

並べたところ。


種類別に並んでいます。


高さはこんな感じ。


なお、最終的にこれらのカードには60万4000円の値が付けられたそうです。

・関連記事
「マジコンではありません」、オークションに謎のニンテンドーDS周辺機器「3777788」が大量出品 - GIGAZINE

今度はオークションに「マジコンを購入する権利」が出品される - GIGAZINE

「key」所属の人気原画家、樋上いたる直筆サイン入りのTシャツに100万円以上の値が付く - GIGAZINE

ニューヨークのコミック祭りに出ていた高価なコミックトップ10 - GIGAZINE

記事全文へ