ぬいぐるみにもなった「ゆっくりしていってね!!!」などのネタで知られる東方ProjectはZUN氏の個人サークル「上海アリス幻樂団」が制作している一連の弾幕シューティングゲームの総称で、「上海アリス幻樂団」設立前の1996年から始まってすでに10作品以上が発売されている人気作品群となっています。特徴的なのは、ZUN氏が二次創作活動をかなり好意的に認めている点で、そのためかかなり二次創作活動が積極的に行われており、前述の「ゆっくりしていってね!!!」もそういった二次創作の中から出てきたものです。

この東方Projectを題材にした同人誌や同人CD、各種グッズの即売会が「博麗神社例大祭」。ZUN氏の許可を得て、「博麗神社社務所」が主催しているイベントで、東京ビッグサイトの東4〜6ホールを使用するという事実上最大級のオンリーイベント(単一作品を題材にしたイベント)です。

昨年の例大祭は土砂降りに遭ったり当日販売分のカタログが売り切れたりとかなり大変なことになっていたようで、今年それがどうなるのかと実際に行列に並んでみました。
りんかい線の始発到着あたりはこんな感じでした。

6時15分。東京ビッグサイト前にはこのような感じの行列ができ、人がぞろぞろと流れていました。


やぐら橋のたもとには2列目が待機中。


さきほどは行列がちょっと曲がっていましたが、気付いたらまっすぐになっていました。


はるか果て、東駐車場を見るとなにやら人の群れが……。


7時40分ごろ、国際展示場駅前に痛車ならぬ痛バスが登場。思わずみんな立ち止まって写真を撮っています。



7時45分。ビッグサイト裏の車庫からゆりかもめの増援が出撃していきます。


ゆりかもめの国際展示場正門駅からも行列が押し寄せてきたので、交通整理が始まりました。



こちらは東京ビッグサイト入口。例大祭参加者は左端の入口から4列で入場し、東館の2階を抜けて東駐車場へと誘導されています。


8時15分。東駐車場はこんな感じ。


ホールを抜けて階段を下りてきた人たちが駐車場に並んでいきます。このあと、東1〜3ホールの裏側に横6人ほどの行列が3列形成されました。かなりの長さがあるためいったい何人並んでいるのかさっぱりわかりませんでした。


9時30分、例大祭の開場まであと30分。この日、東京ビッグサイトでは東4〜6ホールでの博麗神社例大祭が開催されたほか、東1ホールでアートの祭典「GEISAI #12」が、西2ホールではボーイズラブ同人誌イベント「J.GARDEN 26」が開催されました。


10時すぎ。あれだけ長かった行列はすべて駐車場に誘導され、入口付近は人影がまばらになりました。



10時には開場時恒例の拍手が響きましたが、東ホール裏手へはアナウンスが聞こえるわけもなく、まるでウェーブのように拍手だけが伝わってきました。


10時10分ごろ、すでに先頭は入場しているはずですが、東駐車場の行列はなかなか消えません。


東4ホール横。最初は行列さばきスペースとして使われていて、昼ぐらいからコスプレ広場となっていました。


東6ホールからはみ出した人々の行列。待ち時間はどれぐらいなのでしょうか……。


10時45分。東ホール裏に並んでいた列がさばけ、東駐車場の列も一つずつ入場が始まっています。それでもまだこれだけの人が入場を待っている。


駐車場の一角に設けられたカタログの当日販売所。前回は途中でカタログが売り切れてしまって混乱をきたしていたようですが、今回はかなりの数が準備されており、ホール内のカタログ販売所でもちゃんと在庫がありました。


今回、入口は東5ホールとなっており、東駐車場から東3ホールを経由しての入場となっていました。行列がさばけたあとは東3ホールが待機所・休憩所として開放され、買い物を終えた人の戦利品確認や待ち合わせ場所として活用されていました。ちなみにこれは11時30分ごろ。


12時ごろ、買い物を終えた人が増えたのか、あっという間に東3ホールが埋まっていく。


東3ホールと東2ホールを区切る壁に「落書きスペース」が設けられていて、みんなが思い思いの言葉やイラストを描いていました。


「ゆっくり描いてってね!!!」


















12時30分。みなさん、お目当てのものは買えたのでしょうか。


・関連記事
ワンダーフェスティバル2008[冬]、開幕前行列と先頭集団が入場する様子のムービー - GIGAZINE

コミックマーケット74、企業ブースにはどれぐらい人が並んでいるのか見に行ってきました - GIGAZINE

コミックマーケット74開場直前から開場直後までの人の多さをムービーで仮想体験 - GIGAZINE

あの「ゆっくりしていってね!!!」がぬいぐるみに - GIGAZINE

マクドナルド御堂筋周防町店にて3日間限定で発売となる「クォーターパウンダー」を待つ人々 - GIGAZINE

ついに同人の萌え米「東方あきた小町」が誕生、同人イベントの例大祭にて発売 - GIGAZINE


記事全文へ