ジャーディンに勝ったランペイジが、約2ヶ月半のインターバルを経て、5月のUFC98で王者エヴァンスに挑戦することに――

写真拡大

3月7日(土・現地時間)、米国オハイオ州コロンバスのネイションワイドアリーナでは、UFC96「Jackson vs Jardine」が開催された。

約1年ぶりとなるコロンバスでのUFC開催は、元UFC世界ライトヘビー級王者ランペイジ・ジャクソンと現王者=ラシャド・エヴァンスの盟友キース・ジャーディンによるメインイベントを筆頭に、王座戦を含む2連敗の後に2連勝と再起を狙うガブリエル・ゴンザガの出場、他にも、マット・ハミル×マーク・ムニョスのライトヘビー級戦、そしてグレイ・メイナード×ジム・ミラーによるライト級戦など、ネームバリューは些か弱いとしても実力者同士によるマッチアップが揃った。

そんなPPVの冒頭では、5月23日(土・同)にラスベガス・MGMグランド・ガーデンアリーナで行われるUFC98で、ブロック・レスナーとの対戦が決まっていたフランク・ミアーがヒザの負傷による欠場を発表。同一戦は延期となり、代わってUFC世界ライトヘビー級王者=ラシャド・エヴァンスが参戦、この日のメインがエヴァンスへの挑戦者決定戦とされた。

盟友ジャーディン勝利の場合は、(王座挑戦へ)もう一試合挟むというようなアナウンスも流れ、どこか釈然としないまま始まったメインイベント。試合直前から、不気味な笑みを浮かべるジャーディンに対し、ランペンジは1R終盤に左フックでダウンを奪うと、決して攻め急ぐことなく、最終回は徹底したカウンター狙いに。それでも、試合終了間際で再びダウンを奪い、最後は判定勝利。ややアグレッシブさに欠けたものの、スマートな試合展開でタイトル挑戦を確定、試合後にはオクタゴン中央で王者エヴァンスと睨みあい、舌戦を繰り広げた。

また、セミファイナルでは、ミルコ・クロコップに勝利した貯金も底をついたゴンザガが、シェーン・カーウィンと激突。打撃で優勢に試合を進めながらも、打ち合いになった隙をつかれたゴンザガは右ストレート一発でごう沈。手痛い敗戦を喫した。

さらに、PPV第1試合ではエクストリーム・クートゥアー所属のメイナードと、元IFL世界ミドル級王者ダン・ミラーを実兄に持つジムの一戦が行われ、試合はメイナードのテイクダウンディフェンス+キレのあるパンチが随所に光り、判定3-0で快勝。第7試合のライトヘビー級戦では、“サイレント・ファイター”ハミルがWEC参戦組の一人となったフィリピン系レスラー・ムニョスを右ハイキックで危なげなく下した。

■関連リンク
【UFC96】公開計量終了、プレリミナリーの見どころは?
【UFC96】“地味強揃いの大会”メインはランペイジ×ジャーディン

UFC96 Jackson vs Jardine 全試合結果


第10試合ライトヘビー級/5分3R
○ランペイジ・ジャクソン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
キース・ジャーディン×
(米国)
第9試合ヘビー級/5分3R
○シェーン・カーウィン
(英国)
1R9秒
TKO
詳細はコチラ
ガブリエル・ゴンザガ○
(ブラジル)
第8試合ウェルター級/5分3R
×ピート・セル
(米国)
1R1分32秒
TKO
詳細はコチラ
マット・ブラウン○
(米国)
第7試合ライトヘビー級/5分3R
○マット・ハミル
(米国)
1R3分53秒
TKO
詳細はコチラ
マーク・ムニョス×
(米国)
第6試合ライト級/5分3R
○グレイ・メイナード
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジム・ミラー×
(米国)
第5試合ウェルター級/5分3R
○タムダン・マックローリー
(米国)
1R3分35秒
TKO
詳細はコチラ
リャン・マディガン×
(米国)
第4試合ミドル級/5分3R
○ケンドール・グローブ
(米国)
1R1分32秒
TKO
詳細はコチラ
ジェイソン・デイ×
(カナダ)
第3試合ライトヘビー級/5分3R
○ジェイソン・ブリッツ
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ティム・ボーテッシュ×
(英国)
第2試合ライトヘビー級/5分3R
○ブランドン・ベラ
(米国)
2R1分27秒
TKO
詳細はコチラ
マイケル・パット×
(米国)
第1試合ライト級/5分3R
×アーロン・ライリー
(米国)
1R44秒
TKO
シェーン・ネルソン○
(米国)