小学館は、月間少年サンデー『ゲッサン』を5月12日に創刊。執筆作家を紹介する公式サイトを公開した。

 「2009 漫画力絶対主義」「少年漫画の最前線はここにある!」といったスローガンとともに創刊までのカウントダウンを行っている公式サイトでは、ゲッサンに執筆する作家を毎週水曜日に1人ずつ紹介。その第一号として、あだち充さんが紹介されている。

 ゲッサンでは新人作家の発掘にも力を入れており、創刊号から新人作家が連載をスタートする。また「GET THE SUN新人賞」を開催し、ストーリー漫画、ギャグ漫画、4コマ漫画の未発表完成原稿を募集している。グランプリに選ばれた作家には50万円の賞金が贈られる。

【関連記事】
「少年サンデー」と「少年マガジン」共同でマンガ雑誌を出版、小学館と講談社が合意
「小学館集英社プロダクション」発足、国内外でキャラクター&コンテンツビジネスを推進
Wii向けデジタルコミック配信で、角川・講談社・集英社・小学館・トーセが新会社設立