優しい仏様に?

写真拡大

   <テレビウォッチ>横綱朝青龍がきのう(3月5日)、京都市内で珍しいことに挑戦した。なんと仏像のモデルになったのだ。熊本県玉名市の蓮華院誕生寺の南大門を飾る四天王の1体になるのだという。「こういうことはないので、緊張します」と横綱。


   日本座敷でまわしひとつになってカメラにおさまったのだが、ポーズは、仏師の今村九十九が描いたデッサンに沿ったもの。これに、強い顔、怒り、優しい顔、ほほえみなど、表情を変えて撮る。

   同寺の川原英照貫主は、朝青龍を選んだ理由を、「マスコミでは悪役みたいにいわれるが、素晴らしい人。茶目っ気はあるし、頭もいいし、感心しております」

   また今村仏師も、「一口ではいえないいろんな面が入ってこそ一体の仏像になる。厳しさ、決断力、包容力、優しさ、いろんな面を織り込みたい」という。

   撮影を終わって、「全身からオーラが出ている。現代の武人、武士」(川原貫主)、「最高のモデルですね」(今村仏師)と絶賛されて、横綱もご満悦だった。

   そこで相撲レポーターの横野レイコが、現地熊本を訪ねてみると、建物はまだ土台作りの段階で、完成は2年後。門に向かって、左側に朝青龍モデルの像が、右にはなんと、白鵬がモデルの広目天立像が立つのだという。工房ではすでに制作中だった。こちらの方が一足早かったわけだ。

   それはいいのだが、門が完成する2年後も横綱でいるかどうか。「いいですねぇ」「奉納の土俵入りを」「まあ、もっているか分からないけども」と笑う朝青龍。「あと3年は」の声に、「がんばります」

   笠井信輔が、「像は高さ4メートルだそうです」

   小倉智昭は、「雷門の仁王様みたいなものかと思ったが、優しい仏様になるんだろうか」

   笠井は「関取で仏像になるのは初めてではないんです」という。北の湖がモデルの金剛力士像が、横浜の総持寺にある。ただ「15歳のときにモデルになった」と。

   それじゃあ、やっぱり関取では初めてではないか。

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
会社内の「人間関係」をテーマにした「会社ウォッチ」も10月オープン!