テニス界の新生・錦織圭の素顔は…“くりぃむしちゅー”好き

写真拡大

テニスのグランドスラム(「全仏オープン」「ウィンブルドン」「全米オープン」「全豪オープン」)を放送するWOWOWが、その放送イメージキャラクターとしてプロテニスプレーヤーの錦織圭を起用することを発表。2月28日、同社で会見が行われた。

'89年生まれの錦織は13歳で渡米し、「IMGニックボロテリー・テニスアカデミー」に入学。以降、アメリカを拠点として活動を続け、'07年10月に「AIGジャパン・オープン」でプロデビューを果たした。'08年2月には「デルレービーチ国際選手権」でツアー初優勝を飾り、8月の「全米オープン」で日本男子シングルスとしては71年ぶりのベスト16進出を果たすなど活躍を続けている。体が宙に浮いた状態でライジングボールを打ち返すプレースタイルから“Air K”の愛称で呼ばれ、実力も世界のお墨付き。

続きを読む