ボクシング 大毅も日本か東洋タイトルに前進のV

写真拡大

 次男の“浪速乃弁慶”大毅は元世界2階級王者ワンディ・シンワンチャーにKO勝ち。ライセンス1年停止処分から昨年11月に復帰後、3連勝。第一目標である日本、東洋太平洋タイトル挑戦に一歩前進した。

 WBCフライ級13位のワンディと対戦。序盤から左フックや左アッパーなど左を中心に攻めた。だが67戦のキャリアを誇るワンディに序盤は主導権を握らせてもらえなかった。それでも5Rからボディー狙いに切り替えると、左のどてっ腹に強烈な一撃をヒットさせダウンを奪った。

 最後は6R27秒、左フックから左ボディーの2連打を叩き込み、元世界王者をマットに沈めた。
 3戦連続KO勝利した大毅は、「練習していた右が出なかった。(パンチが)偏りすぎた。交互にテンポよく打たないと。もっと練習して上を目指したい」と、冷静に自分の試合を分析した。
 世界ランカーに勝利したことで、世界ランキング15位以内に入ることが有力となった。「チャンスがあれば挑戦したい」。大毅もタイトル挑戦を手繰り寄せた。

【他にはこんな記事も!!】
UFC 米デビュー秋山 専用オクタゴン新設へ
ボクシング 亀田流チェンジで新生興毅誕生
DREAM 青木、今成がコスプレ特訓

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!