Dの食卓」や「エネミー・ゼロ」などを手がけたゲームクリエイターの飯野賢治が何らかの発表を行う予定であることが公式ブログで明らかになりました。

「9年以上ぶりか」などと記されているほか、過去にWii用のゲームソフトを開発しているのではないかということも報じられているため、家庭用ゲーム機向けの新作の可能性も否定できないようです。

詳細は以下の通り。
eno blog: ご挨拶。

飯野賢治の公式ブログによると、9年以上ぶりに「Get Back(戻る)」するそうです。そしてこれまでの日々を支えてくれた人々に感謝するとともに「お楽しみに」と述べているほか、トップの画像からアメリカのサンフランシスコにある「moscone center」を検索したGoogle Mapsへのリンクが貼られています。

また、2月に投稿された以下の記事によると、「Get back to where I once belonged.(私が所属していた場所に戻る)」と述べられており、トップ画像には「March 25 2009」のGoogle検索結果へのリンクが貼られています。

eno blog: Get back.

つまり3月25日にアメリカの「moscone center」で9年以上ぶりとなる何かの発表を行うということのようですが、はたして何が発表されるのでしょうか。非常に気になりますねこれは…。

・関連記事
ソニーがPS3本体の出荷調整、新型登場や値下げの前触れか - GIGAZINE

カプコンのXbox 360向け最新作「ロスト プラネット 2」のド迫力映像がぎっしり詰まった高画質HDムービー - GIGAZINE

AOU 2009アミューズメント・エキスポ開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」が発売延期、ソフトウェアに重大な不具合 - GIGAZINE

記事全文へ