ゴリゴリの男たちによるリング「K-1ワールドMAX」に登場した異色のファイターが話題となっている。その名は「長島☆自演乙☆雄一郎」。

「図表入りの記事はこちら」

アニメのキャラに扮して入場するコスプレファイターである。格闘ファンの間では、2月23日に行われた日本代表決定トーナメントの前から大きな話題となっており、


  • キックボクシングの元チャンプだからね。まあ強いよ。
  • トリッキーな動きだけでは、ここまで勝てん。

など、強さを評価するコメントも多数アップされていた。
おさらいすると、彼はニュージャパンキックボクシング連盟のスーパーウェルター級の初代王者。しかも日本拳法に由来する必殺のパンチも持っている。

そして先日行われた「K-1ワールドMAX2009」では、昨年準優勝のHAYATOを見事KOで撃破。準決勝で山本優弥にドクターストップで破れるも、その強さを見せつけた。
……しかし、この初春の彼のピークはここではなかった。その試合以降、「長島☆自演乙☆雄一郎」に対するブログはうなぎ上りに。
『マクロスF』のヒロイン、ランカ・リーのコスプレで登場したことが、これまで格闘技にあまり興味のなかった層の間で話題となったのだ。


  • 彼こそがオタクの星、オタクの誇りです!
  • まだ知らないの? 長島☆自演乙。みんなチェックだよ。
  • ランカ・リーで1回戦勝っちゃうとは…。嬉し過ぎ。

などコメントが日増しにアップされている。
それもそのはず。彼は“格闘技が趣味で、本職はコスプレイヤー”と公言する、生粋の“あの手”の男。そんなスターの登場に、なんとなく世間から強い風当たりを感じているコスプレイヤーが盛り上がらないはずはない。
また表彰式では、決勝のために用意した最終回のランカの衣装まで披露し、その突っ込んだコスプレ精神に応援ブログもヒートアップ。


  • あの衣装での入場を期待! 次の大会は見に行きたい!
  • 表彰式の長島選手、超かわいかった〜。

実力で格闘ファンに応援され、生き方でコスプレファンに応援される長島☆自演乙☆雄一郎。新しいファンをK-1に取り込むことにも成功し、主催者にも応援されるだろう彼の、格闘家として、そしてコスプレイヤーとしての活躍に目が離せない!
(山葉のぶゆき/effect)




■関連記事
「ケミカルウォッシュ」がいま最先端?
ベレー帽はトレンド?コスプレ?
深キョンのドロンジョ様に釘付け


■「山葉のぶゆき」の他の記事を読む
悟空再び!DBZ復活
「ユニコーン」復活第一弾が到着!
予測不能のパンクワールド!


■kizasi.jpでみる
最新の「長島☆自演乙☆雄一郎」