ps3

「プレイステーション3(以下、PS3)が値下げか!?」という噂がインターネットのブログや掲示板などで広まっている。3月からソニー・コンピューター・エンタテインメント(以下、SCE)がPS3の出荷台数を調整するという噂があるのだ。出荷調整とは、ショップに納入する本体の数を減らし、今後発売する新しいバージョン(新しい価格・仕様)の本体へ向けて動くことを意味する。

この第一報を伝えたゲームショップ店員のブログでは「3月からPS3本体が出荷調整されるらしいです。3月のバイオで本体売らずにいつ売るんだろう? バイオでの本体の動きを抑えてまで出荷調整するって事は値下げか、新型か、HD増量か?」(ブログより引用・要約)と書かれている。

このことについて、ゲームショップの老舗『メッセサンオー』さんに取材をしてお話をうかがったところ、興味深い内容をコメントをいただけた。

メッセサンオーによると、「出荷調整や値下げなどの話は聞いていませんね。いまのところ、今まで通り普通に販売しています」とのこと。となれば、値下げや仕様変更などによる出荷調整は単なるうわさなのだろうか?

確かに、3月には『バイオハザード5』が発売されるというのに、出荷調整をするというのはおかしい。しかし、3月に出荷調整を告知し、『バイオハザード5』の発売後、4月から『ファイナルファンタジー13』(以下、FF13)に向けて出荷調整は行われるかもしれない。『FF13』同梱版のPS3が発売されるのは確実といわれているだけに、本体の値下げや仕様変更は可能性としてあるのは事実だ。

このことについてSCEに取材をしてみたが、土日のため残念ながらコメントをいただくことができなかった。今後も、PS3の出荷調整や値下げに関して調べていきたいと思う。

イラスト:ピョコタン

元の記事を読む

■こんなゲームのニュースもありますヨ