2月23日の夜、Xbox LIVEマーケットプレースにてカプコンが新作発表映像として「ロスト プラネット 2」を配信したわけですが、そのHD映像がネット上で公開されていました。かなりのド迫力映像であることが再確認でき、非常に期待できる内容であることがわかります。

ゲームの舞台は前回のエンディングから10数年後の「EDN-3rd」が舞台となるとのこと。前作は雪の世界が舞台でしたが今回は温暖化が進み、雪が溶けており、映像で見られるようなジャングルなどのステージを初めとして変化のある新しくなった「EDN-3rd」になっているそうです。前作のように一人の主人公にスポットを当てて描いていくようなストーリーではなく、「EDN-3rd」で生活しているさまざまな雪賊たちにスポットを当ててさまざまな視点から描いていくとのこと。前作でのユーザーからの意見として巨大生物とみんなで闘いたいというのが多かったため、ムービー中では数々の巨大原住生物との死闘が繰り広げらており、ユーザーの意見を反映した形に仕上がっているようです。

再生は以下から。
Gametrailers.com - Lost Planet 2 - Announcement Trailer HD

なお、この予告映像はすべて実際のゲーム中のシーンを使っているとのことで、かなりのハイクオリティぶりが伝わってきます。

















カプコン自慢のオリジナルエンジンであるフレームワークの最新バージョンである「MT-Framework 2.0」を使用しており、グラフィック面でも期待して良いとのことです。

・関連記事
カプコンのゲームソフト「ロスト プラネット」がハリウッドで映画化決定 - GIGAZINE

PS3よりはるかに美麗な映像と爽快な戦闘を実現した「Devil May Cry 4」PC版ボス戦ムービー3連続 - GIGAZINE

体重226kg・齢100歳の巨大魚が釣り上げられる - GIGAZINE

ビルの壁に約15メートルの巨大クモが出現 - GIGAZINE

南極のラーセン棚氷の下から見つかった新種生物の写真いろいろ - GIGAZINE

記事全文へ