注目の一戦となったゲーンノラシンvsモー
K-1 WORLD GP 2004決勝トーナメントで異色の対戦が実現する。
ガオグライ・ゲーンノラシン(タイ/伊原道場)とマイティ・モー(アメリカ/シャークタンクジム)の一戦だ。ゲーンノラシンは身長180cm/体重78kg。一方モーは身長185cm/体重127kgと、その差約50kg。ムエタイを習得するゲーンノラシンは人間離れした動体視力とスピードで。モーは数々の難敵をKOしている一撃必殺のパンチでそれぞれ勝負する。
本日の記者会見では、他の選手がそれぞれの対戦相手と握手や時折笑顔を見せる中、この二人だけは握手もせず視線すら合わせない異様な雰囲気をかもし出していた。
ちなみにゲーンノラシンが優勝すれば、大会至上最軽量、最年少での優勝となる。