22日付のフランス日曜紙「ジュルナル・ド・ディマンシュ」に、マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督のインタビューが掲載された。

 ファーガソン監督は、今季リーグ・アンの若手でもっとも注目を浴びるヨアン・グルキュフ(ボルドー)について、「とても好きだ」としながらも、「ベンゼマほどよくはない。彼がトップ下、あるいはもっと中盤でプレーするのを見たが、どっちがより適しているのかわからない。まだ成熟しきっていない」と指摘する。

 一方でベンゼマについては、「身体の使い方がジダンを思わせる。肩ががっしりしていて、ボール運びが見事だ。ボールが足から離れない。ディフェンダーに付け入る余地がない」と賞賛した。ただし「私が彼を買いたいと思っているなんて書かないでくれよ」と冗談めかして付け加えている。

 そのほかのフランス人選手については、リベリを「ファンタスティック!」と絶賛した。「たえず動き回り、信じられないエネルギーがある。つねに前に突進し、同時によく守る。彼ならイングランドでプレーしても何ら問題はないだろう」とラブコールともとれる“お墨付き”を与えている。