日本唯一!自分の“爆笑プロモ”が作れるゲームを体験

写真拡大

かつてテレビのスターの振り付けを真似したすべての人へ朗報だ! なんと、海外のヒット曲に合わせて自分だけのプロモーションDVDを作れるゲーム機がお台場のデックス東京ビーチにあるという。

他の写真も見る: 周りは大爆笑!自分は苦笑…

気になるゲーム機の名前は「Dance Heads(ダンスヘッド)」。1プレイはDVD1枚で1000円で、追加で300円払えば2枚目を焼ける。プリクラのようにお手軽にマイDVDを作れるスグレモノだ。使い方は、ジャクソン5の「ABC」やエルビス・プレスリーの「Jailhouse Rock」など、今でもよく耳にするオールディーズ全25曲のうち1曲を選択し、映像に合わせ顔を動かせばOK。1人用・2人用の200パターンのCG映像に合わせてPVを制作する。

「昨年の3月ごろアメリカで開発され、アメリカとヨーロッパで20台ずつ、インドで10台稼動しています。日本に上陸したのは昨年の12月からで、東アジアで遊べるのはココだけなんです」とは、輸入販売元の日本オート・フォート新田克夫さん。夏くらいまでには、日本の楽曲でも遊べるようにする予定だという。

早速記者も体験。オールディーズの名曲「La Bamba」を選択すると、画面にはラテン・アメリカを思わせるバーが現れ、顔より下が勝手に陽気なラテンバンドの格好に。フリーダムに動く下の映像に合わせて、羞恥心を捨て去りながら頭を動かす。体験してみて感じたコツは、歌に合わせて口パクするとなりきった気分になれる。

DVDが出来上がる間、映像で流れる自分のはじけっぷりに思わず苦笑いする記者。同行して一緒に体験した女性記者も苦笑い。そして3分後、世界に一つだけの1分間のマイDVDが完成してしまった…。

編集部に持ち帰って周囲に渋々見せたところ、一同で大爆笑。腹を抱えて笑う同僚の姿に正直複雑な心境にもなる。だが、「結婚式の待ち時間のあいだに新郎新婦の映像を流したら、会場が盛り上がるかも」という女性編集部員の声もあったように、場を盛り上げるには最適のアイテムにもなり得る。

友人やカップルで一緒に遊べば、その場はもちろん家に帰った後でも笑えること間違いなし! プレゼントにもパーティにも大活躍が保証されるこのクオリティ。1000円払っても絶対にソンはしません!【東京ウォーカー/中道圭吾】

【関連記事】
自分が“ゆるキャラ”に!新感覚ゲーム「プリcube」って? (東京ウォーカー)
富士急に“ドラえもんのアスレチック”登場! (東京ウォーカー)
最新技術を無料で遊び放題!「文化庁メディア芸術祭」とは? (東京ウォーカー)
ルパンのお宝を奪え!「ルパン三世」のアトラクションが今春登場 (東京ウォーカー)