ひぐらしの哭く頃に 雀」の何がすごいのかというと、動画枚数5000枚以上を駆使したハイクオリティアニメーション。声優はそのまんまなので、壮絶なレベルに達しています。

勝利したら拝めるコスプレシーンもちゃんとアニメーションするようになっており、当然ながらフルボイスです。今回のAOU2009限定のちょい見せバージョンでは「なんだか変な方向に目覚めちゃいそうだよ〜、み、見ないでぇ〜〜〜!」とレナがかわいく絶叫していました。

というわけで、いかに動きまくってくれるのかがよくわかるムービーの再生は以下から。
「ひぐらしの哭く頃に 雀」のプレイアブルムービーその1。驚愕のアニメーションと豪語しているだけのことはあり、かなりなめらかに動いてます。確かにこれはすごい。


「ひぐらしの哭く頃に 雀」のプレイアブルムービーその2。2009年初夏稼働予定、乞うご期待。


これはコスプレタイムで、あんな服やこんな服を着せることが可能とのことです。


「ひぐらしの哭く頃に 雀」PV。なんでもありのイカサマ麻雀であることがよくわかります。


地上波のアニメーションでもこれぐらいのクオリティで動きまくっていたら、また随分と印象が違うような気がしますが、このレベルであの惨劇シーンを再現するとしたら、かなり危険な領域に突入しそうです。

・関連記事
AOU 2009アミューズメント・エキスポ開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

記事全文へ