2002年に同人ゲームとして発売され、大人気となってシリーズ累計50万枚を突破、さらにアニメ・ドラマCD・コミック(累計500万部)・小説・家庭用ゲーム(PS2版は累計約20万本以上、DS版やPSP版は6万本以上を出荷)・実写映画化などを果たした連作サウンドビジュアルノベル「ひぐらしのなく頃に」ですが、この度、ついにアーケードゲームにも進出。タイトルは「ひぐらしの哭く頃に 雀」となっており、ゲームシステムはアミューズメント伝統の2人打ち麻雀。チラシには「新感覚ドラマティック麻雀の真髄を究めた自信作」と書いてあり、何やらただならぬ自信がある模様。

中身はちゃんと原作者である竜騎士07氏が監修する完全オリジナルシナリオをベースにしており、好きな組み合わせで東南戦を遊べる「部活モード」のほか、圭一が雛見沢をめぐり勝ち抜き麻雀勝負に挑む「オヤシロモード」ではシリアスなストーリー展開も。声優はおなじみの面々なので違和感はなく、細かいシーンもフルアニメーションするようになっているため、かなり凝っている印象を受けます。

というわけで、実際のスクリーンショットや各種設定資料などのゲーム詳細は以下から。
メインビジュアル


これがAQインタラクティブのブース


「ひぐらしのなく頃に」の紹介


ウリがわかりやすくまとめられています


試遊台


開発度は40%となっており、部活モードで遊べます


確かに結構きれい


配布されていたチラシ


裏面


事件は雀卓で起こる!?


驚愕のフルアニメーション


完全オリジナルキャラデザインとなっています


豪華声優陣というか、知っている人にとってはおなじみの面々


タイトル画面


ゲームモードはこの2種類。部活モードは2クレジット必要。


部活モードのVSカットインシーン


なめらかなアニメーションは雰囲気的にはこんな感じ。






前原圭一の設定画



前原圭一の実際のゲーム画面






竜宮レナの設定画



竜宮レナの実際のゲーム画面







園崎魅音の設定画


園崎魅音の実際のゲーム画面



今回の「ひぐらしの哭く頃に 雀」は試遊が可能なだけでなく、勝利すればちゃんと相手がいろいろとコスプレしてくれるごほうびシーンも見ることができるようになっています。実際のPVやプレイの様子、そして勝利画面もムービー撮影しておきましたので、以下の記事でご覧下さい。

ぬるぬるアニメーションしまくり、しゃべりまくってくれる「ひぐらしの哭く頃に 雀」PV&プレイアブルムービー in AOU2009

・関連記事
AOU 2009アミューズメント・エキスポ開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

記事全文へ