GONZOが美少女麻雀漫画「咲 -Saki-」をアニメ化と以前お伝えしましたが、その放送時期が2009年4月からに決定しました。放送局はテレビ東京系列で、毎週日曜26時に放送だそうです。今回は、これまでに公開されたキャラクターたちの設定画やPVの場面カットをまとめて紹介します。

詳細は以下から。
「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
http://www.saki-anime.com/

「咲-Saki-」は高校一年生の宮永咲が原村和とともにインターハイの頂点を目指すという、小林立による麻雀漫画(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)。アニメの制作は「ストライク・ウィッチーズ」のGONZO第5スタジオ。


宮永咲(みやながさき)は毎局プラスマイナスゼロで和了るという奇跡的な麻雀を打つ高校一年生。和の影響を受けて、勝つ麻雀を打つようになっていきます。ちなみに、担当声優の植田佳奈は麻雀好きとして知られており、自宅は「雀荘うえだ」と称されているそうです。







原村和(はらむらのどか)は中学生時代に全国個人戦優勝経験をもつ理数系の打ち手。咲を意識しています。担当声優の小清水亜美も植田同様麻雀好きで、「雀荘うえだ」にも通っているようです。







片岡優希(かたおかゆうき)は東場で驚異的な強さを見せる、タコス大好きなポンコツ少女。CVは釘宮理恵。







竹井久(たけいひさ)は学生議会長兼麻雀部の部長で、夢は全国高校生麻雀大会での優勝。CVは伊藤静。





染谷まこ(そめやまこ)は麻雀部次期主将の二年生、しかしその実力はいまだ謎に包まれています。CVは白石涼子。





須賀京太郎(すがきょうたろう)は麻雀にハマりつつある咲の幼なじみ。和に興味を持っているようですが……。CVは福山潤。





ここからはライバル。龍門渕透華(りゅうもんぶちとうか)は龍門渕高校理事長の孫娘で高校二年生。才色兼備のお嬢様で目立ちたがりのため、注目されることに無上の喜びを感じていますが、そのためにマスコミにもてはやされている和に対して強いライバル心を燃やしています。CVは茅原実里。



国広一(くにひろはじめ)は龍門渕高校二年生、両手の拘束具と頬についた星マークのファッションが特徴的。小学生の麻雀大会で起きた事件がキッカケで麻雀から距離を置いていたが、中学時代に透華から半ば無理矢理にスカウトされ、現在は透華の専属メイドとして一緒の屋敷に住んでいます。CVは清水愛。



沢村智紀(さわむらともき)も龍門渕高校二年生。寡黙な性格で口数は少なめ。様々なプラットフォームの機械を操作するのが趣味で、常に持ち歩いているPDAやノートパソコンで様々な情報検索をすることができます。CVは仲井絵里香。



井上純(いのうえじゅん)も龍門渕高校二年生。長身でボーイッシュ&マニッシュ、オレという言葉遣いが似合っています。麻雀を打つ時には、たとえそれが椅子であっても座禅を組んで打つというスタイルを持ち、副露(鳴き)で場の流れをコントロールして自分に優位な対局にする事ができる技術を持っています。CVは甲斐田裕子。



天江衣(あまえころも)は出身、経歴などが謎につつまれた女の子。プロ雀士の藤田が「牌に愛された子」と称する3人の女子高生のうちの一人。一見すると子どものような幼い風貌とは裏腹に、麻雀の実力では何人たりとも寄せ付けることができないほどの強さを持っています。CVは福原香織。



2009年4月からテレビ東京にて毎週日曜26時から放送予定で、テレビ東京系列各局でも放送予定となっています。この時間帯は現在「スキップ・ビート!」が放送されているので、同じようにテレビ大阪では金曜27時35分、テレビ愛知では月曜26時58分、テレビ北海道では火曜26時、テレビせとうちでは水曜25時18分、TVQ九州放送では火曜26時23分となるのかもしれません。


ちなみに、PVの場面カットは以下のような感じ。GONZOが制作するだけあって、ただの麻雀アニメにはならなさそうです。












©小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部

・関連記事
ヤングガンガン連載中の麻雀漫画「咲 -Saki-」がGONZO制作でアニメ化 - GIGAZINE

「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」を地上波・ネット配信で同日同時刻に最速放送 - GIGAZINE

「ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜」の横1話はジル役のKENNがユーザの投稿したセリフを生アフレコ - GIGAZINE

超B級アクションエンターテインメント「爆裂天使」、DVD-BOXの発売が決定 - GIGAZINE

超絶アクションエンタテインメント「ウィッチブレイド」、1月6日からGyaOで配信開始 - GIGAZINE


記事全文へ